自動草刈機 POCのライブラリ完成

自動草刈機には需要があることを確認した訳ですが、さらに進めて検知した水糸をどのように活用するか検討することにしました。

作業範囲を水糸で仕切る訳ですが、カメラを横に向けて水糸を撮影すると長い雑草などがある場所では水糸を検知できません。

 

長い雑草が水糸を隠してしまいます。

水糸が隠れないように雑草の高さ以上にするとカメラの位置を高くする必要があり揺れが大きくなり画像がブレます。

また、機体が長いので草刈機が不安定になります。

そこで、カメラは上部に向けて下から上を撮影するようにしました。

 

太陽光が入って画像が取りづらくなる場合がありますが、これで草刈機が水糸の下までくれば確実に撮影できます。

ただし上空を撮影しているので時間帯によっての画像が大きく変化します。

 

水糸が確実に抽出できるよう、Open CV 上でフィルタの値の調整に苦労しましたが良いパラメタを見つける事ができました。

 
 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください