【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 国内線を乗り継いでソルトレークシティーへ

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

離陸のタイミングを間違えずに、授乳と飴の与えるタイミングを間違えない

前回の離陸時は、離陸のタイミングがわからず、授乳と飴のタイミングを間違えたので今回はちゃんと離陸体制に入ったら授乳と飴をあげた。

エンジン音だけでは判断せずに、エンジン音が大きくなって明らかに徐行じゃなくなったら授乳と飴を開始するようにした。

機内サービスはアレルギー対応を期待しない

国内線は2~3時間だけなので機内サービスでの軽食がアレルギー未対応でもいい。

ただ、配られたのが ロータス ビスコフで、アレルギーの心配はないが糖分が。

下の0歳児は覚醒

ロサンゼルス空港では特にキッズエリアとかなくて、下の子は動きたい動きたいとばかりに膝の上を嫌がっていました。

おもちゃを上げたり、膝の上で遊ばせたり色々やってたけど場が持たない。

後ろの席に座った、中華系の一家の優しそうなおばちゃんが手を振ってくれたりして少しは気が紛れてくれた。

上の子はもう疲れたみたいで仕切りに「アメリカまだ?」を連呼していた。

ちなみに、カバンに一眼カメラが入っていたが忙しくて一度も使う事はなかった。

ついにソルトレークシティーに

外を見ると雪を被った山々が見え始めてきた。

少しづつ離陸し始めている。やっと終わる。
飛行機がロールすると窓の外に湖が見えた。

授乳と飴を開始。

苦行の上で見えたその景色に感動した。しかし、この疲れと眠気を飛ばすほどではなかった。

何か自分の意志とは別に連れてこられたような気がした。

疲労困憊してるので、夢のような気分だったのかもしれない。

飛行機を降りる

飛行機を降りる。降りたゲートの先に出迎えの人がいると思ったが誰もいない。
ゲートには、これから飛行機に乗るお客さんがいっぱいいたが、出迎えの人はだれ一人いない。

疲労困憊の中ようやく到着

たぶん、baggage claim のところにいるのかもしれない。
それか、到着する日時を間違えて伝えたか。

合流

ソルトレイク空港、baggage claim の案内が少しわかりづらかった。

セキュリティーチェックの先にbaggage claimがあった。

セキュリティーチェックの横を通る形で、baggage claim を向かうがもし道を間違えるとまたこのセキュリティーチェックを通らないといけない仕組みになっていた。
なので、出迎えの人はこのセキュリティーチェックは通れないのでゲートの先に出迎えの人がいるはずもなかった。

そして、baggage claim のところに出迎えの人がいた。バルーンを持って出迎えてくれた。

やっと到着した。そして、皆照れくさそうに喜んだ。

バルーンを持って出迎えてくれた。

ちなみに、このバルーンは一つ1$で Dollar tree とういわゆる100円ショップで買えるみたいです。

姉の家に行く

駐車場に着くと、車に夕食が用意されていた。
しかし、もう食欲とかではなくとりあえず疲れた。

わざわざ作って来てくれたのにごめん。と思っていたら上の子はバクバク食べてました。

とにかく空港内でコンビニ入ったり、ファーストフード食べたりとか想像していたけど食欲なんてもうなくて。

とにかく眠いのと疲れました。

家に着くと、子供達をお風呂に入れて寝ました。
おかげ様で、時差ボケ無しです。

くぅ~疲れましたw これにて完結です!

じゃなくて、まだまだ続く次はホーゲル動物園 (Utah’s Hogle Zoo)に行きます







「【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 国内線を乗り継いでソルトレークシティーへ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください