【アメリカ新婚旅行】 9日目 part3 最後の夜 そして、旅行最後の食事 お別れラスベガス

ベラージオのお隣、コスモポリタン (The Cosmopolitan of Las Vegas) には専用通路からいける。エスカレーターとかも完備されているので移動は楽だ。

コスモポリタン につくと何やらデモかなにかをやっていた。馬に乗った警官が監視しながらのデモだ。ブラックカジノなのか労働条件に関するデモのようだ。

警察が監視する中でのデモ。デモの様子はちょっと写真に撮れなかった。
警察が監視する中でのデモ。デモの様子はちょっと写真に撮れなかった。

馬に乗っていると威圧感がある。カッコいい。

中に入ると、ここもかなりの規模で道に迷う。まず、どこに行っていいかわからず、そもそもこのカジノにビュッフェは一つしかないと勝手に思いこんでいたのが間違いだった。

ブッフェどこだと聞いてもどこのビュッフェだと言われる。スマホの電波は無い。ちゃんとレストランの名前を覚えておくべきだった。迷いながらもなんとか到着。

目的の、Wicked Spoon
目的の、Wicked Spoon

まだ、オープン前でどこに並んでよいのやら迷う。人気店だと思ったけどそんなに人は並んでなかった。オープン30分ぐらい前だった。

まだ、ガラガラ。っていうかオープン前か
まだ、ガラガラ。っていうかオープン前か

綺麗で、雰囲気もいい
綺麗で、雰囲気もいい
食事はビュッフェスタイル。好きなものを好きなだけ
食事はビュッフェスタイル。好きなものを好きなだけ
別にお腹いっぱいじゃなくて、ワイン頼んでゆっくりという人も結構いた
別にお腹いっぱいじゃなくて、ワイン頼んでゆっくりという人も結構いた

最初に並ぶ場所がわからず間違った列(もしくは、もうひとつの列は宿泊者ようだったかも)にいたので、1番にはなれかったがスムーズに入れた。
とにかく、なんでもあった。寿司、ステーキ、メキシカン、中華、カニ、デザートも色々あった。。そして、時間も早かったので人も少なく余裕を持って食事できた。
悪いけど、寿司は美味しそうに見えなかった。まぁ~帰れば沢山食べれるしってのもあって食べなかった。

いろんな国の食事があった
いろんな国の食事があった

どれも美味しい
どれも美味しい

カニで思いだして、そういえばここのビュッフェ過去に行ったことあった。その時ランチで行って凄まじい混みようだった。

久しぶりの人間らしい食べ物だった。残念なのは、この旅で大分胃袋が小さくなっていて、思った以上に食べれなかった。妻が私が可愛く少しずつ取ってくるのでびっくりしていた。

デザートはなんとか気力を振り縛って食べた。どの料理も美味しかった。出来ればもう少し胃袋が大きかったらと。ローストビーフ一枚でもその当時の胃袋には大きすぎた。

ローストビーフとかは切ってもらって盛りつけてくれる。これはかなり美味しかった
ローストビーフとかは切ってもらって盛りつけてくれる。これはかなり美味しかった

幸せを胃袋に収めてビュッフェを去った。満足だった。かなり苦しく眩暈もしていた。

ベラージオに戻ると、エンタランスの奥になにやら人だかりが出来ている。ここがこのホテルの見どころだったのか。と感心しながら、とりえず一通り写真を撮った。

人の顔に見えるのは、心霊写真だからか
人の顔に見えるのは、心霊写真だからか

ハロウィン近いのね
ハロウィン近いのね

他にも水辺の上を歩く花に囲まれて歩道とかあったけど人多すぎて撮れなかった
他にも水辺の上を歩く花に囲まれて歩道とかあったけど人多すぎて撮れなかった

大きいかぼちゃ。食用じゃない。
大きいかぼちゃ。食用じゃない。

花がとにくかいっぱい
花がとにくかいっぱい
当然生花
当然生花

作り物の世界を満喫すると、部屋に戻った。もうやることは全てやりつくした。後は寝て明日出発となる。なんだか非常にさびしい気がしてきた。

最後の夜
最後の夜

これと同じ日は一生来ない
これと同じ日は一生来ない

さようなら
さようなら

そして、明日に向けて荷造りを始めた。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください