[Grails (グレイルズ) ] 例外別に表示するページを分ける




  1. サーバーエラー時は、コントローラーに飛ばすようにする
  2. conf/UrlMappings.groovy に以下があると エラー時は ExceptionController が処理するようになる。
    500 は、HTTP のステータスコード

  3. コントローラーに例外別の処理を書く
  4. /controllers/ExceptionController.groovy を以下のようにする

  5. エラーページを用意する
  6. 上記の例だと、 SQLException 例外時用に sqlError.gsp と、それ以外ように、 error.gsp を用意する




[Grails (グレイルズ) ] 例外別に表示するページを分ける」への2件のフィードバック

  1. ControllerやServiceに Exception を Catchするような処理を記述しない場合は
    500 エラーに勝手になる という事でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です