月別アーカイブ: 2013年9月

[C/C++] (備忘録) strcpy_s、wcscpy_s、_mbscpy_s のバッファサイズの指定




strcpy/wcscpy/_mbscpy のセキュリティが強化版、バッファのサイズを指定できます。
MSDN によると、

とあります。バッファのバイト数ではありません。要素の数です。

要素の数は、 _countof マクロを使ってもよい。

【アメリカ新婚旅行】 出国編




荷物をトランクに詰め家を出発。
旅行で絶対必要なもの

  1. パスポート
  2. 国際免許証
  3. e-Ticket (もしくは航空会社の予約番号)
  4. クレジットカード・現金

これも必要、あれも必要とかなるときりが無いので、無いものは現地で手に入れればいいか程度で構えておく。
全部で、10日間だが服も3〜4パターンぐらいにしておいて現地で洗濯をする事にした。

深夜の羽田発の便。羽田に到着後航空会社のカウンターで荷物を預ける。この時乗り継ぎの分も含めた行きのチケットを受け取る。
帰りの分は帰りの空港にある航空会社のカウンターで受け取る。
e-Ticketをご丁寧に二人分のを印刷していたが必要予約番号さえわかれば後は、パスポートで照会するのでe-Ticketは一枚あれば十分のようだ。
また、同伴者についてもDeltaの旅程の所でも確認できるがきちんと登録されいたので、一人分のe-Ticketを印刷したものと各々のパスポートがあればチケットは受け取れる。

出発の1時間前ぐらにゲート前で搭乗準備。シートの位置別にzone x のように区分分けされておりその単位で搭乗の開始がアナウンスされる。(ビジネス様やファースト様にはこのような区分はないと思う。そもそも使った事ないから知らない)

搭乗しちゃえば後はひたすら時間をつぶすだけ。
アメリカ入国の際の税関申告書類を渡されるので機内で記入する。ボールペンがなかったのでキャビンアテンダントに借りた。妻はしっかりボールペンを持参していたが。

申告書類記入後の乗り継ぎ地のシアトルに到着前の機内から撮影
on_theairplane

現地到着は、これまた深夜なので飛行機では軽く寝てあとは起きていることにした。ビールを飲んだら良い感じに眠くなってきた。
しかし、コノミーで狭くて寝づらかったり、物音や泣き声で度々起こされて深い眠りには至らなかったが、現地到着後に直ぐに寝る予定なのであまり寝れなくてよかった。