月別アーカイブ: 2014年2月

【アメリカ新婚旅行】 6日目 part1 モニュメントバレーの朝日を見る




わずかの滞在に300ドルでもめげない

アメリカに来てから時間がもったいなく、毎朝5時には起きていたが本日さらに早く、4時に起きて4時半には出発した。

モーテルの入り口には相変わらず野良犬が沢山いた。
お腹をすかしていたのか、フロントに向かう我々に近づいてきた。

モーテルでは、朝食バイキングがある。もちろん、300ドルも払っているのだから死ぬほど食べたい。しかし、モニュメントバレーの朝日を是非拝みたい。
そのあと、グーズネックと盛りだくさんのため、朝食の終わる時間までに戻ってこれる自信がなかった。
せめて、コーヒーぐらいはとフロントの人にコーヒーは無いかと聞くと、朝食準備中のコーヒーを頂けた。

泣く泣く300ドルの高級セレブモーテル(野良犬付き)をチェックアウトし我々はモニュメントバレーへ車を進めた。

モニュメントバレーを向かう

モーテルを出たころは真っ暗だったがモニュメントバレーに近づくにつれ白けてきた。

モニュメントバレーのゲート手前にキャンプ場がある。丁度そのあたりで日が明ける前の写真を撮った。

モニュメントバレーのゲート手前。遠くで登る陽と岩と空が綺麗
モニュメントバレーのゲート手前。遠くで登る陽と岩と空が綺麗

モニュメントバレーは、ネイティブアメリカンの居留地にありため国立公園のパスは使えない。
再入場が出来るかどうか、ゲートの料金を払う際に確認してみたところ、当日なら何度でも再入場できるとの事。
ゲートを通ると直ぐに駐車場があるが、駐車場を出て公園内を走るには4駆かSUVとかピックアップじゃないとダメ(危ないぐらいのニュアンス)との事だった。

そういえば、以前に行った時は男二人だったの怖いもの知らずで乗用車で荒れ地を走っていたなと思いだした。

料金を支払い(二人で10ドル)、中に入ると噂通りの新しいホテルが最高のロケーションに建てられていた。

モニュメントバレーの日の出を撮る!

日の出前の気温は肌寒く、半袖では外にいるのは辛いぐらいだった。寒さにめっぽう強い私は大丈夫だったので半袖でいたが、妻のほうはダウンジャケットを着ていた。
しかし、カメラを構えて高台から日の出をただじっとして待っているのは辛かったので結局長袖を着ることにした。

高台には同じようにカメラを構えた人たちが沢山いた。ほとんどはホテルの宿泊者のようだった。

外にいると、園内を巡るガイド付きツアーの募集の人が回ってくる。ツアーの料金はおおよそ一人10ドルぐらいだった。
ツアーは、トラックの荷台を改造して屋根とベンチを取りつけた乗り物だった。
トラックの荷台を見てるだけで寒くなってくる。

日の出前のモニュメントバレー
日の出前のモニュメントバレー

ようやく朝日が昇ってきた。写真を撮る。

遂に日が
遂に日が

先ほどまでの暗さに、日が昇るにつれて、モニュメントバレーの雄大な景色が顕れてくる様に圧倒される。

太陽の日で周りの景色が見えてきた
太陽の日で周りの景色が見えてきた
その上にある雲で再び太陽が隠れたが、この景色も美しい
その上にある雲で再び太陽が隠れたが、この景色も美しい
そして、太陽が完全に姿を現す
そして、太陽が完全に姿を現す
私のカメラで撮った朝日。性能は低いカメラを腕でカバー
私のカメラで撮った朝日。性能は低いカメラを腕でカバー
10分の1程度のスペックだが、腕次第でどうにでもなる
10分の1程度のスペックだが、腕次第でどうにでもなる

特別な日の出だった。日の高さで徐々に岩肌の色が変化し、影がダイナミックに動く。

モニュメントバレーの朝。パノラマ
モニュメントバレーの朝。パノラマ

時間が過ぎる度に、もう同じ景色は当面みれないいや、一生みれないかと思い心と目に景色を焼きつける。もちろん、SDカードにも。

太陽があがって辺りの景色も明るくなったころ、後ろをみると虹がでていた。二人ではしゃいで虹を撮りにいった。

後ろを振り返ると虹が見えた
後ろを振り返ると虹が見えた

巨大な虹のもう片方
巨大な虹のもう片方
虹の様子をパノラマで撮った
虹の様子をパノラマで撮った

温度も少し暖かくなってきたので、ツアーに参加しようと思ったが、とりあえず次の目的地グーズネックに行って時間があったら再びモニュメントバレーでツアーに参加することにした。

道沿いから見たモニュメントバレーの一部
道沿いから見たモニュメントバレーの一部

[IntelliJ IDEA] Linux 環境でデスクトップのアイコンから起動する




IntelliJ IDEA をインストール(解凍) しただけだと、アイコンはなく起動する場合は、ターミナルから idea.sh を起動する必要がある。

そこで、デスクトップにアイコンを作って、そこから起動する方法。

IntelliJ IDEA を解凍(インストールした場所を) $IDEA_HOME として標記します。
各自のインストール(解凍)した場所に置き換えて。

  1. JAVAのインストール場所を、InteliJ IDEA のシェルに設定する
  2. $IDEA_HOME/bin/idea.sh をエディタか vi などで開いて、JAVAがインストールされているパスを変数に設定する。

    IDEA_JDK=/usr/java/default

    IDEA_JDK じゃなくて、 JAVA_HOME を使ってもよい。

    JAVA_HOME=/usr/java/default

    idea.sh の改造部分

  3. ランチャを作成
  4. デスクトップから、右クリックして ランチャの生成 を選択

    開いたダイアログに以下を指定して、OKを押す

    • 種類
    • アプリケーション

    • コマンド
    • $IDEA_HOME/bin/idea.sh
      (/home/aaaaa/idea-IU-133.193/bin/idea.sh のようになる)

    アイコンは、
    $IDEA_HOME/bin/idea.png
    にあるので適宜変更。

  5. ファイルから直接ランチャを作るには
  6. ${HOME}/デスクトップ

    IntelliJ_IDEA.desktop
    のようなファイルを作り

    のようなファイルを作成すると、デスクトップアイコンが出来る。

    GUIで作ったものもこれと同じようにファイルが出来ているので中身を変更するのに直接開いてもいいと思う。