月別アーカイブ: 2014年6月

【アメリカ新婚旅行】 7日目 part1 グランドキャニオンへの道




久しぶりに寝坊した。

昨日は早すぎて朝食が食べられなかったのだが、今日は少し遅い朝食だった。
ここの、Days Inn は、綺麗でプールもある、朝食も豪華だ。

さっそく、覚えたばかりのワッフルを得意げに作る。
人は結構いたが、その中でも我々は特にゆっくり食事していたので、気がついたら朝食の終わる時間までいた。

最後に、コーヒーをタンブラーに入れて部屋に戻った。部屋でもゆっくり準備をしてた。
部屋を出ると、掃除のおばちゃん達があわただしく廊下を動いていた。
エレベータで掃除のおばちゃんと一緒になったが、英語が不自由らしく訛った英語であいさつされた。

清々しい朝のDays Inn 今日はゆっくり撮影からスタート
清々しい朝のDays Inn 今日はゆっくり撮影からスタート

気持ちのよいDays Inn ともお別れして、今日の目的はグランドキャニオン。そしてラスベガスに向かって行けるとこまで行く。
目標としては、Lake Powell ぐらいで泊りたい。

そして出発!
そして出発!

グランドキャニオンまでは、国道 180 号線を北上すればいいのだが、この道がまた森林地帯で気持ちがよい。
いままで、砂漠にいたので景色が変わって興奮する。

景色も変わってきた
景色も変わってきた

動物の飛び出しが怖いが、数時間でグランドキャニオンに到達する。

グランドキャニオンは巨大な渓谷のため、南側の South rim 北側の North rim で大きく分かれる。
我々は、南側の South rim に入る。
入口に近づくと、ホテルやガソリンスタンドなどがあるちょっとした街になる。
その先に、入口がある。入場料は車1台 $25。かなり高額だが、年間パスポートのため出入り自由。

入口付近は少し混雑したが、無事入場。入場後しばらく走っていると、森に何か動物がいた。
通り過ぎてしまったので、Uターンできる場所を見つけてUターンして戻る。
しかし、同じような景色でどこで見たか忘れてしまった。結局どこだろうと探していたら、来た場所の入り口に戻ってしまった。

動物の写真はあきらめて、先に進む事にした。

【アメリカ新婚旅行】 6日目 part6 宿が見つからない




国道160号線から、国道89号線へ。 南下して、フラッグスタッフ(flag staff) 方面に向かう。
途中に、Cameron という小さな町がある。ここにかける事にした。

渓谷にかかる橋を渡るとそこに、Cameron Trading Post というのが見えた。
お土産屋さんかと思い通り過ぎたが、ホテルらしきものが見えたのでUターンして入った。
大きなバスも止まっており、どうやらグランドキャニオンからの客を乗せているようだった。

店といっても大きなもので、ホテルもついている。
お土産屋さんに入ると、観光客っぽいアジア人がいたが直ぐに日本人とわかった。
久しぶりに妻以外の日本語を聞いた感じがした。

すると、急に焦るような気持ちになってきた。ホテルは別に無くても、次の町に行けばと思っていたが、彼らが余裕そうにしているのをみて一層危機感を覚えた。
直ぐに店員にホテルの予約状況を聞くと、

「今日は一杯よ」と返事がきた。
どうやら、この辺一帯予約が埋まっているようだ。
場合によると、何かのイベントがあって辺りのホテルは全部一杯かもしれない。

急いで、車に戻ってフラッグスタッフ(flag staff)に向かう。

あ!途中にモーテルがあった。
Anasazi Inn
とある。


写真がないので、ストリートビューで見て頂くとわかるが。

まず、モーテルのフロントが暗く、営業しているのかわからない。
さらに、フロントの前の車を止めるところに、子供が遊んでいる。
客らしき車も止まっている。営業しているのか、してないのか。とりあえず停めて、見てみることにした。

付近には、レストランとガソリンスタンドしかない。
大丈夫だろうか。先ほどのスラムを味わった我々はここはやめて、やはりフラッグスタッフ(flag staff)へ向かう事にする。

しばらく走っていると、道路が良くなってきた。木も増えてきた。なんだか、凄く気持ちの良い場所にきた。
段々森も見えるようになってきた。チュバシティーの人たちはこの辺りから追い出されたのだろうかと思案しながら、フラッグスタッフ(flag staff)へ向かう気持ちのよい道路を走る。

しばらくすると、綺麗な家も見えてきて、左側に線路と並行して走るような道になった。
ハーレー乗りのおじさんたちも、気持ちよさそうに走っている。

フラッグスタッフ(flag staff)についた。
ここは、鉄道とグランドキャニオンの街と言ったところか。森の中にあり非常に気持ちのよい場所だ。

旧市街のような所もあり、本当はゆっくり観光したかった。グランドキャニオン観光のベースとなる街、鉄道輸送の要、もしくは Route 66 の宿場町。
歴史は分からないが、そんな古い雰囲気もある、緑に囲まれている街だった。
しかし、まず宿に。
1件目に行くとやはり一杯だったが、「あっちのホテルに聞いてみたら」
とDays Inn を指され行ってみると空いていた。

フロントの人に「どこから来たの!」と聞かれ「日本」と答えたらびっくりしていた。

中にプールもあり、直ぐ裏にガソリンスタンドがあるので非常に便利だ。

また、ガソリンスタンドの隣には、Arby’s もあるので、食事にも困らない

チェックインを済ませた我々はこの旅で初めてプールに入った。

旅の途中や、ラスベガスでプールに入りたかった我々は水着は当然持参だ。
しかし、いつも忙しくてプール付きのモーテルに入っても使えなかった。
この日は、モニュメントバレーで日の出を見て、グーズネックに行って、さらにキャニオン・デ・シェイに行って、そのあとアリゾナと東西で半分分ぐらい移動したとは、
1年前の旅行??とは言え信じがたい事をやっていた。(早く記事書けよと思うけど)

プールで十分体を動かして、ジャグジーで遊んだ。

食事はアイスクリームを買おうと思ったが、妻が求める M&M’s のアイスクリームがなく、しかたなくジャーキーやらチップスなどをかって食事とした。
いつも通りだ。そろそろ食事面は限界に来ていた。かといって、 Arby’s も食べたくない。
そう、ちゃんとしたレストランで食事がしたい。

とにかく、ビールも買って、モーテルにある洗濯機で洗濯してゆっくりしていた。

部屋にいると警笛の音とともに、鉄道が通り過ぎる音が心地良かった。