月別アーカイブ: 2015年6月

日光白根山に行く そして頂上へ(2014/9/24)




妻が持ってきた飴を食べると、栄養が体に満ちてくるのが良くわかる。
妻は無意識で、レモン味ばかりを食べていた。

妻の荷物をなるべく持って登る。途中眩暈がした。子供の時に富士登山したときの記憶が思い出した。

登るにつれ、植生も変わってくる。道もいよいよ狭くなる。先ほどみた、弥陀ヶ池は遥か下にある。
体は限界だけど、ゆっくり休むスペースもないので登り続ける。

いよいよ人一人がやっと通れるぐらいの道しかなくなる箇所も増えてきた。下りの人と譲り合いだが、集団が通るとしばらく動けない。

隙をみて登る。頂上付近ではもういよいよ体の限界がやってきた。立っているとフラフラしてきて危ない。少し間違えば崖から落ちる。

なるべく前みて動き続ける。そして、最後いよいよという所で頂上についた。そして振り返ると絶景が待っていた。

目の前に広がる光景にしばし、茫然としてしまった。
目の前に広がる光景にしばし、茫然としてしまった。
眼前に広がる雲海
眼前に広がる雲海
まさに雲の上にいる。いつもの光景とは全く逆。目線の先に遠くの山々の尾根が見えるがまた美しい。
まさに雲の上にいる。いつもの光景とは全く逆。目線の先に遠くの山々の尾根が見えるがまた美しい。
右下に見えるのが、菅沼。遠くまで遮るものがない
右下に見えるのが、菅沼。遠くまで遮るものがない

日光白根山に行く 急登 崖 ザレ場 ガレ場 (2014/9/24)




日光白根山最後の登り。
この急坂。しかも、石がゴロゴロ。下る人も多く、道も狭い。

ここまで来るときに、人々に「頂上目指します」と話すと、「あのキュウトウを行くのか」と言われた。
その時まで、キュウトウ(急登)という言葉を知らないぐらいの素人だ。
ちなみに、石がゴロゴロしているところを、ガレ場。
砂の所はザレ場。今回で言えば、ここは完全なガレ場。

他人が落とした石も脅威だ。

しかし、ここまで来たら登るしかない。妻も覚悟を決めたようだ。
標高も高い。傾斜もきつい。休みながら行く。
遮るものがなく、直射日光がきつい。

いまになっても、下りの人だけで登る人はいない。
やはり、ここは登るべき場所ではなかったのか。

ここまで来たらもう意地である。傾斜がきつくて、途中で中々ゆっくり休める場所がない。

狭いのに下りの人は絶え間なくやってくるので、少しでもスペースを確保したら休む。

傾斜と下半身の疲れで、狭いスペースで休憩していると崖に落ちそうになる。
なるべく立って休憩する。足が震えている。

もちろん、写真を撮る余裕は全くない。