【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて ターミナル入る前の荷物検査

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

ターミナルに書いてある航空会社を信じない

乗り継ぎはアメリカン航空から国内線アメリカン航空で、今いるターミナルもアメリカン航空と書いてあるので、ターミナルを移動する必要はないと思っていた。

しかし、free Wi-Fi でつないだネットの情報からは隣のターミナルを指している。

重い荷物と子供を背負って隣のターミナルに移動するが、大きくHawaiian airlines と書いてある。

迷いながらも進んでいくと、別の看板にはHawaiian airlines とともに、Armenian airlines とも書いてあった。

便名と実際の飛行機が違う

ちなみに、乗り換えは JL7586 で、JALっぽい便名だが実際に運航してるのは別会社。

E-ticket に Operated by American Airlines と書いてある。

多少ならターミナル待ちがっても平気かも

赤く囲った部分を使えばターミナル間は移動できるかも

ここで、赤く囲った部分を使えばターミナル間は移動できると思う。

我々はターミナル5を利用していたが、荷物検査の後にこのターミナル移動する場所から人が沢山出入りするのを見ている。

0歳児のチケットでエラー

311以降厳しくなった荷物検査。
でかいケツした警官が監視している。
パスポートと旅券を提示した。
あんな体格で犯人を追いかけられるのかと思うがこちらは撃ってしまうから問題ないのか、などと感心していると旅券のバーコードが読み取れない。

そういえば、アメリカン航空の搭乗の時のバーコードがエラーになった。下の子の0歳児のチケットだ。

警官に0歳児のチケットだという事を説明して、何やらやり取りをして通って良いと許可をもらった。

アメリカの荷物検査

日本の出国時の荷物検査との違いは、アメリカは靴を脱ぐ。長いブーツだろうと脱ぐ。
子供は脱がなくても平気だった。

手に何かを塗られる

そして、上の子を抱えながら金属探知器を通ると手を出すように言われ、そのまま手を出すと手に何かを塗られた。
なんだこれ?と思った。

手を見せてというから出したらいきなり得体のしれない物を塗るなんて。

女の子は高確率で出会うという露出狂。
声をかけれていきなり全裸になる。
その時大抵の人はびっくりして何も声が出ないと聞くがまさにその状況。

声も出ないでびっくりしていると。
「Relax」と言われた。
そして、少し待つように言われた。

というか何を塗ったの。

もしかして、これを塗られると何かの作用で従順な人間になるとかではないですよね。
というか、何も声がでない時点で従順でしょ。

ちなみに、後日調べたら硝煙反応を見る薬剤でした。

ウェットティシュはグレー?

嫁の荷物はなぜか開けられた。

どうやらウェットティシュに反応したようだ。
しかし、入ってるのがオムツ、ウェットティシュ、おもちゃ。それに0歳児を抱っこしている。

若干苦笑いの検査官でした。

教訓

  • 便名のXX0001 のXXは必ずしも乗る航空会社とは限らない
  • ターミナルに複数の航空会社があるときは、全部記載してない場合がある
  • 0歳児は座席が割り当てられてないので、チケットの読取でエラーが発生する場合がある
  • 席を確保しないで、膝の乗せてくることを、「infant on lap」といってチケットにも記載されてます。

  • アメリカのセキュリティーチェックで、硝煙反応を見る薬品を塗られる
  • ウェットティシュが手荷物にあると、セキュリティーチェックで開けられるかも

次は乗り継ぎゲートまで行きます

【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて アメリカ入国

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

漏れた小便を処理する

前回の記事で、シートに小便が付いたのだがウェットティッシュとティッシュでふき取った。

あとはズボンとオムツを替えないといけないが、到着してシートベルトサインが消えると皆立ち上がって出る準備をしている。

出る人々がいなくなった後、素早くトイレに行ってズボンとオムツを交換。

濡れたズボンはビニール袋に入れる。オムツはトイレにあるゴミ箱に捨てる。

そして、トイレにでるとほとんどの人はもう機内から出ていた。

気づいたら最後の乗客になっていた

ズボンの処理、荷物の処理などをしていると乗務員達が後ろからやってきた。どうやら我々が最後の客となってしまったようだ。

シートを汚してしまったことを詫びて、焦るようにして席を出た。

ちなみに、このとき忘れ物を2点している。そのうち1点は生活必需品で、嫁に怒られたが現地でも手に入るものだからそこまで痛手ではなかった。

乗務員達と機内を出る。アメリカン航空の乗務員達はうるさい我々を温かく見送ってくれた。ありがとう。

疲れと寝不足の入国手続き

ここまでバタバタだと、もう汗だくで睡眠時間も短かったので疲れ切っていた。

出国の手続きは、事前にEsta(エスタ)の申請がしてあるのでスムーズ。

あと、Esta(エスタ)については注意点があるので別に記載した。

まず、そのまま出国すると機械に案内されるのでパスポートを機械に通す。

近くに少し英語に訛りのあるおばちゃんが案内してくれる。

キオスクによる続き

ガイダンスに従って、操作していく。このとき家族がいると家族分連続して入力することになる。

目と指紋を機械に読み込ませた気がするが、もうこの辺はあまり記憶にない。

大人は指をまっすぐに伸ばして指紋と、目の撮影。子供は目だけだったようなきがする。

そのあと、機械から紙を受け取ったら次にすすむ。

ちなみに、このときも上の子が大きい声でぐずったりして、とにかく大変だったが、最後の方にでたので他のお客様の迷惑をかけることはなかった。

思い出の留学時代

その後 Baggage claim で荷物を受け取る。近くに、キャリアがあるので荷物をキャリアに積む。

上の子が荷物に乗りたいというので、荷物の上に載せた。危ないは承知の上ですが、ぐずってその場で時間を潰すよりは良いので。

その後入国審査だが、Esta 組は並びが少なかった。学生ビザの方が多いみたいで、アジア圏の方の留学生が非常に多くいた。
残念だが、日本人の留学生は見なかった。

私も若いころ、希望と不安を心に学生ビザラインに並んでいたのだ。その当時は中華圏の方は結構いたが日本人もそこそこいた。

東南アジア系の方は大分少なかった気がする。

さて、そんな感傷に浸りつつも、入国審査は進む。

入国審査

前に日本人の親子連れがいる。あ、あの方。我々とトイレを挟んで格闘していた家族だ。

年のころは1歳ぐらいだろうか。ベビーカーに乗っているが今にもつまらなそうに降りたそうにしていた。

親としては、荷物と審査でいっぱい〱なので、ベビーカーに乗っていてほしいのだろう。

私は、背中に8kgのバックパック。キャリアから抱っこに移動した14kgを抱っこして移動してた。

入国審査ではいくつか簡単な質問があった。それと、大人でパスポートが新しくなった場合は目を再度撮影していた。

私のパスポートは期限内に前にもアメリカに行ったことがあったので審査は簡易化されていた。

入国審査を終えて出口に向かって歩くと、乗り継ぎの場合の荷物を預ける場所がある。

ここで荷物を預けないと最終目的地に荷物は届かないの注意です

教訓

  • ティッシュ・ウェットティッシュはアクセス容易な場所に
  • Estaを忘れずに
  • 乗りづぎ(transfer) の場合は、入国審査が終わったら再度荷物を預ける

ついにロサンゼルス国際空港(LAX)到着し乗り継ぎする