【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて モアブに行く1 デッドホースポイントに向かう

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

ついに遠出をする

遠出というかすでにアメリカという遠い所に来ているので遠出もないですが、今回の旅行のメインディッシュはモアブ(Moab)です。

そうあのモアブと言っても知らない人が多いと思います。

普通アメリカ旅行といったら、大都市。もしくは、ディズニーなど目的があると思います。

ナイアガラの滝など有名所もあるとおもいますが、私がおすすめするはやっぱりモアブ。

サンフランシスコ、L.A.、シカゴ、デンバー、ニューヨーク、ワシントンD.C.、アトランタ、ニューオリンズ、エルパソ、サンディエゴ、これらの都市は行ったことあります。

そのほか小さい街は無数にあります。が、一番いいのはやっぱりモアブ。

そのほかにもユタ州やその周辺におすすめがありますが、やっぱりモアブ。

次点で、キャニオン・デ・チェリー国定公園(Canyon de Chelly National Monument)。

今回のモアブ(Moab)。絶対に外せない場所でした。

いきなり渋滞

経路はこのような感じ

通勤時の除けば渋滞はあまりないイメージだったのですがこの日は運悪く、郊外に行く道が渋滞。

予定は2泊3日で、初日はデッドホースポイント州立公園(Dead Horse Point State Park)をみて、泊まる予定。

出発は10時で、デッドホースポイント州立公園(Dead Horse Point State Park)に14時ごろつけばいいかなと予想していた。

しかし、20分もあれば抜けれる場所で1時間30分ほど使ってしまった。

車は2台。姉の車を私が運転して、姉はレンタカーを借りた。

全員乗れるような大きいくるま(イメージは、映画で強盗とかが乗ってる車)にしようとしたが、急きょ2台体制にした。

なので、この渋滞で離ればなれになった。

下の子が目が真っ赤

途中でヘルパー(Helper) という街で一旦合流と休憩。

この旅では、WiFiなどないので事前に示し合わせた。

休憩後コンビニをでるが、道路工事のためバイパスではなく街の中を通ることに。
意外にも街は古い感じの良い街。すごく気になるが、時間があまりなかったのでスルー。

そのほかにも壮大な景色があったので写真を撮りたかったが、デッドホースポイント州立公園(Dead Horse Point State Park)につけば、今までの経路で見た景色以上のものが見れる。

今は先を急ぐことにした。

しかし、途中で下の子の目が真っ赤になっていた。

急きょ、休憩所に停車。しばらく様子を見た。

Highway 191/6上の休憩所。ホースキャニオンビューエリア(Horse Canyon View Area) という場所。ここで下の子の様子を見た。

なにかの植物のアレルギー反応か、目に何か入ったか。

しばらくすると少し落ち着いてきたので出発した。

デッドホースポイント手前

長い道のりだった。山を超え草原を超え、田舎町を過ぎ、ついにデッドホースポイントへ向かう道への入り口についた。

ここから、20分程度でデッドホースポイントにつくが、ここの景色がまた圧巻。

道を曲がると突然大きな岩というか崖が現れる。

突然この大きな岩の近くと走ることになる。そして、手前に休憩所がある。

休憩を兼ねて、ここで一度写真を撮る事にした。

車を降りる。借りたレンタカーにナンバーがない。大丈夫か。

ここの休憩所には人はほとんどこない。皆デッドホースポイントに急いでいた。

こんなシーンが何かの映画にあるはず
まだまだこれから先があるので大はしゃぎで遊ぶ子供達。確かに人がいないし、岩に近づけるし楽しいね。

さて、先を急ぐ。

次は、デッドホースポイントに到着します

【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 世界一きれいな直線 ボンネビル・ソルトフラッツ

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

プチ旅行

本日はカジノ。ユタ州と聞くとギャンブルなどとは程遠い場所のように聞こえますが、お隣はあのネバダ州なのです。
なので、どうしても我慢できないユタ人は夜な夜な、ネバダまで行きガス抜きをするのです。

本日もある意味ガス抜きに行きます。

グレートソルトレイク湖

ソルトレイクと言う名前の通りここには塩の湖があります。

ちょうど市街地の北西の辺りにあります。泳げるらしいのですがあまりお勧めしないです。
海老か何かを養殖してて、ちょっと臭いです。見に行くにはいいでしょう。

グレートソルトレイク湖の南側にある道路を使って、西に向かうとネバダ州です。
しかし、ネバダ州への道は飛んでもなく大変な道です。

ボンネビル・ソルトフラッツ(Bonneville Salt Flats)

このネバダまで続く道はボンネビル・ソルトフラッツといってとても綺麗な場所です。
湖が乾いた塩湖が続いており、水が多い時はウユニ塩湖のようにな綺麗にそらと山との反射がみれたりします。
遠くに山があるのですが、蜃気楼のような現象がみえたり、もしくは山の下に湖があり山が浮いているように見えたりするのかもしれません。

途中の停車は禁止されている場所が多かったので写真はないです。
綺麗な写真はこちらを参考にして下さい。

そしてここは世界一長い直線の道路です。ずっと直線です。
この直線の定義が、ほぼ直線を含めるといろんな場所に世界一長い直線がありますが、綺麗なまっすぐな直線という意味だとここが世界一でしょう。
たぶんね。

この道は夜な夜な欲に負けた人間が、ネバダのカジノの向かう道なのです。
急いでます。直線です。地上最速を競う場所でもあります。
至る所に十字架があります。
運転には気を付けて下さい。

ウェンドバー(Wendover)

目的地は、ネバダとユタ州の境にあるウェンドバー(Wendover)です。

その到着の前に休憩場所があったので一休み。

Bonneville で愛を深めるカップル

パノラマです。あいにくの曇 + 大量の水

雨と曇りであまり良い写真ではないです。
夏は凄い暑さになります。

ちなみに、ユタ州はハードリカーと言って度数の高いお酒は専門の販売店から買わなくていけません。
また、酒類への税金がとても高いです。

ユタに住んでいた時の情報なので2000年ごろの情報になりますが、安くお酒を買うためにネバダまで買いに行く人がいるみたいです。

そして、ネバダで買ってユタに入ることは違反なので警察がよく見張ってました。
今はどうかしりませんが、旅行当時もユタのハードリカーは専門店でした買えませんでしたので状況は一緒かなと思います。

もしかして、この直線で事故が多いのもお酒に関連してるもかもしれません。

次は、カジノへ食事に行きます