【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて モアブに行く2 デッドホースポイント

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

デッドホースポイント

デッドホースポイント州立公園(Dead Horse Point State Park)は日本ではあまり知られてませんが、グランドキャニオンを小さくしたような景勝地。

大きければ良いという訳じゃない。このデッドホースポイントは絶景がほぼ1箇所に集約されているので到着すれば気軽に素晴らしい景色が眺められる。

嫁も私も同意見なのですが、グランドキャニオンより、デッドホースポイントの方が好きです。

一つマイナスな所は、国立公園ではないく州立公園。国立公園の年間パスでは入れない。

値段は1台$20(2019年6月現在)。1台につき8人まで乗車OK。

あと、キャンプ場もあるのでいつかはキャンプして夜空を見てみたい。

ついに到着?

着いたのはいいけど、何か違う。そして、下の子は授乳で。

どうやら、メインの場所では無い所に。

赤い矢印の方からきた。青く囲ってある場所がVisitor Centerで、赤く囲ってる場所が、本来の目的地

本来は赤く囲っているデッドホースポイントオーバールックに行きたかった。

しかし、ここは駐車場も広くビジターセンターもあるのでハイキングや自転車の人にはいい所かも。

ここで秘密兵器の登場。

レンタルしたベビーキャリア。

ベビーキャリア。レンタルです。姉が個人のレンタル仲介サイトみたいなところで借りてきました。

おんぶ紐と違って、密着度がないので背中に汗をかきません。ということは、赤ちゃんのおなかに汗疹が出来づらい。

一つ難点があって、子供の位置が自分の体の中心より離れた場所にあるので方向転換などをしたときに引っ張られる。

躓いたときなどに、いつもより引っ張られるという感覚を意識しておかないと慣れるまで危険かもしれない。

1日約$8 ぐらいで二つ用意しようとしたが、もったいないので1つでいいよと頼んだが後で後悔する。

ちなにみ、上の子はエネルギー切れで抱っことせがむ。抱っこして寝たいみたい。

それよりもこの景色を見てほしかったが、本人は花より睡眠でした。

目的のDead Horse point overlookへ

遠くに見えるのはロッキー山脈かな
左の方に見える綺麗なblueは、炭酸カリウム(potash)の生成工場

目的の場所についたが、上の子は寝たいくて仕方がない模様。

嫁さんに下の子をベビーキャリアで持ってもらい、私は抱っこ紐にした。

嫁さんも初めてでしたが抱っこ紐より暑くならないと喜んでいた。

ベビーキャリアはそのまま立たせる事ができるので、休憩時にはそのまま置くことができる。ただし、子供が動くと転倒の可能性があるので気を付ける。