【アメリカ新婚旅行】 5日目 part3 アーチーズ国立公園 (Arches National Park) からモアブ(Moab)へ

デリケートアーチの帰り

アーチーズ国立公園で、デリケートアーチを見行った帰り。
詳しくは前号

帰り道で感じたのは、思ったよりも長い距離を歩いたということ。それと有名な観光地なので久しぶりに姉以外の日本人と遭遇した。
それは丁度、我々がオナラの話を大きな声でしながら、前を歩く人を抜いた所
「あ、すいません」と日本語であいさつされてしまった。
カップルだが、モデルのようの女性だったので気まずかった(私ではなく、妻の方が)

アーチーズの残りは車で回れる所だけ見て出ることにする。とにかく、時間は 13時。

駐車場から近いアーチーを見て回る

デリケートアーチからの帰りの様子。駐車場からすぐに見える
デリケートアーチからの帰りの様子。駐車場からすぐに見える
アーチが連なっている
アーチが連なっている
遠くのほうに見えるアーチもまた綺麗
遠くのほうに見えるアーチもまた綺麗

モアブ(Moab)のバーガーキングで昼飯

運動もしたし、時間も時間、朝6時の朝食からなにも食べていないのでとにかくお腹が減った。
アーチーズ国立公園を後にすると、一番近くで観光・レジャーの拠点となる町、でモアブ(Moab) で昼飯。

大きな地図で見る

一度は食べてみたい本場のバーガーキング。
店内はガラガラで我々以外は一組しかいなかった。ジュースはもちろん飲み放題。
野菜は、ハンバーガーに少し緑があるのと、ポテトにつけるケチャップが取り放題なのでケチャップでカバー、ポテトも野菜だと思えば野菜は十分!
とにかく、バランスとか必要ないのでカロリーさえとれればいいのです。(思想もアメリカナイズ)

しかし、これほど夢にまでみたバーガーキングを目の前にして妻はあまりテンションが上がっていない。

落ちない顔の汚れ

トレイからジュースをテーブルに移動しようとしたとき、つい滑ってテーブルにこぼしてしまった。どうやら、体力が限界にきているようだ。
ナプキンを大量に取り、テーブルを拭くと、どうやら手に大量の赤い砂埃がついている。トイレに行き、手を洗うと水が赤くなった。
顔も少し赤茶けていたので、顔を洗うと同じように赤い水が顔を流れる。
何度か洗うと、赤い水は流れなくなったが、顔が茶色いままだった。

しかし、何度洗っても茶色が取れない。鏡を見ると茶色い顔した自分がいる。手のひらだけが白い。よく見ると腕も茶色い。
そういえば、アーチーズの帰りに「焼けたねー」と言われたがやっと意味分かった。
この数時間で劇的に体の色が変わった。
妻は日傘、日焼け止めでガードしていたがノーガードの私はまるで現地のネイティブアメリカンのような色になっていた。

これをわたしは、現地化と呼び私はアメリカ西部の砂漠地帯に一体化していった。

次の目的地に向けて出発

このあとコンビニに寄り酒を買いこむ。なぜなら、モニュメントバレー周辺のインディアン居留地は酒の販売が禁止されている。
ユタの割りに、観光地のモアブで売ってる酒の種類は豊富だった。

一体化した私は写っていませんが、そのドライブの光景とデリケートアーチの様子など

アーチーズ国立公園 (Arches National Park)

モニュメントバレー(Monument valley)を眺め、カイエンタ(kayenta)に泊る

2013年のアメリカ旅行記事一覧







「【アメリカ新婚旅行】 5日目 part3 アーチーズ国立公園 (Arches National Park) からモアブ(Moab)へ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください