自動草刈機 動く作業範囲を決める




作業範囲を仕切る方法ですが、簡単に仕切る事が出来る方が作業者も楽です。

なので、壁などの構造物で仕切るのは現実的ではなく紐などで仕切ってそれを何かで認識させるのが良いと思いました。

 

紐の認識ですが、超音波や光などを利用したものは紐が相当太くないとうまく反射を捉える事ができないのではないかと思い、やはり高精度に捉える事が出来るのはカメラが比較的廉価で簡単に検証出来ると思います。

 

次は紐ですが、簡単に張る事ができてかつ自然にはあまりない特徴的な紐である必要があります。

カメラで捉える事ができて他のものとは容易に識別できる必要があります。

 

そこで、選んだのは建築用に利用される蛍光の水糸でした。

 
次へ続く
 
一つ戻る







「自動草刈機 動く作業範囲を決める」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください