[Grails] 例外時のController を作る

例外発生時の処理をコントロールした時は、例外時に呼び出される Controller を定義してやるとよい。

UrlMappings.groovy

で、 500エラーの時には、 ErrorController.goovy が呼ばれる。

次にこの ErrorController.goovy を作る。
ErrorController.groovy では、index が呼ばれるのでそこで処理を定義する。
例外が発生すると同じ処理がまた呼ばれてしまうので、処理が終わらなくなる。もしくは、StackOverFlow で終わるか。
なので、catch するなりして再帰的に呼ばれないように注意。

ErrorController.groovy







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください