日光白根山に行く しかし、下りの人ばかりで、登りが我々しかいない (2014/9/24)

対に弥陀ヶ池(みだがいけ)についた。地図みると「急坂、岩場」はこの先にあった。勘違いしていた。

弥陀ヶ池(みだがいけ)には行かなかったが、少し高い所から眺めた。

弥陀ヶ池 その奥にある五色沼も上から眺めるだけ。斜面の傾斜がきついのと余裕がなくてほとんど写真はない
弥陀ヶ池 その奥にある五色沼も上から眺めるだけ。斜面の傾斜がきついのと余裕がなくてほとんど写真はない

時間がなかった、今13時少し前。ロープウェーの最終が16:30。ロープウェイの駅を出て登り始めたのが11時だから、後1時間ぐらいで頂上につかないとまずい。
もちろん、妻にはそんな大事なことは黙って、お腹が空いたから弥陀ヶ池は辞めて、早く頂上に行こうと行った。
妻はお腹より体力的な理由から行かなくてよいという顔をしていたが。

そこから少しいくとちょっとした崖がある。降りる人も大変そうだ。我々は手を使いよじ登った。

どうやら、これが「急坂、岩場」なのか。後少しで頂上だと思ったその目の前に大きな崖の山がある。

まさか、あれじゃないだろう。しかし、よく見てみると山の頂上付近で -ここから見ると殆ど豆粒のような- カメラ構えている人がいるような感じがする。
まれにその豆粒のような人から、カメラのレンズが反射するのが見える。

傾斜のかなりある。そういえばすれ違う人に「あの急登を行くの?」とか、「我々は今日は頂上を目指さず、五色沼のほうにいって帰る」とか言われたのを思い出した。

どうやら、地図にある「急坂、岩場」目の前にある所の事で、こちらのルートから行くのは無謀だったのか。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください