【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて旅行準備

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

旅行の始まり

突然、なぜかわからないがアメリカに行くチャンスを得た。
嫁に家族でアメリカに行きたいと相談するも良い返事をもらえない。

0歳と3歳の子がおり、特に3歳の子は牛乳というか乳製品アレルギーがある。
下の子も不機嫌になると泣き続けて治まらないときがある。

飛行機の中でどのように過ごすのか。さらに20日間も滞在なんてどうやって生活するのか。
不安だらけだが、とにかく私は行った後の楽しい事しか考えてなかった。

アレルギーなど問題沢山

とにかく、良い情報だけ流して嫁を説得した。

乳製品アレルギーについては、飛行機はどこも対応してくれる。
さらにアメリカは多様な人がいるのでアレルギー対応は日本より良い。
と説得した。

別の記事に載せるが、現地に行ってわかったのが個人店レベルでもヴィーガン対応しているところも多くて助かった。

あと、ヴィーガン用というか完全に乳製品排除のアイスクリーム屋もあって、上の子に初めてアイスリームを食べさせる事ができた。

飛行機については、毎年3人の子供を連れて帰ってくる姉の情報に基づき

  1. 着陸離陸の時は3歳時には飴を舐めさせる
  2. 0歳児の離着陸時にミルクか母乳を上げさせる
  3. 暗くなると0歳児は夜と思って寝る
  4. 3歳児は動画を見させておくよい

なので問題ないと説得して、なんとか行くことに納得してくれた。

航空券の購入でトラブル

航空券は travelgenio で確保したのだが、ある時なぜか取ったチケットがキャンセルされていた。

理由は、私に電話したのだがコンタクトが取れなかったとのこと。
そういえば、スペインから電話があったのだが国際的な詐欺だと信じ得意げに
「こんな電話取るアホいるか!」って思っていたがどうやら、travelgenio からだったようだ。

急きょ問い合わせたら、帰りの便のアメリカ国内線で0歳児のチケットが技術的に取れないので現地の空港で取ってくれとの事。

なんか嫌な予感がしたのでキャンセルして 少し割高であるが、H.I.S で同じチケットを購入。

確認で H.I.S. に電話したら確かに、帰りの国内線は0歳児のチケットは特殊ですが、チケットは確保された事を確認できたとの回答をもらった。

その時、旅の終わりにこのアラスカ航空の国内線がまたトラブルを起こすとは思いも知らず。

席の確保とアレルギーの対応

とにかく次にすることは、良い席の確保、アレルギー食の手配、そのほかオムツなどのアメニティがあれば用意してもらう。

使う航空会社はアメリカン航空、JAL、アラスカ航空。
このうち、国際線のアメリカン航空、JALともにweb上だと細かいアレルギーなどの指定ができないで電話で確認する。

あと、嫁さんは乳児用のバシネットを使いたかったようだがバシネットが使える席はもう確保済みで取れなかった。

バシネット
バシネット
https://www.jal.co.jp

JALより
無事どの航空会社も乳製品除去(もしくは、7品目除去食)を用意してくれた。
JALに関してはオムツも0歳児、3歳児ように確保してくれた。

あとは、我々のうるさい席の近くに座った人が理解のある人であることを祈るだけ

席の確保で注意点

始めはトレイの近くは授乳を見られるからとか、エンジンの近くはうるさいとか色々考慮して席を取ったが結果を言えばトイレの近くの席が良い。
(話の前提として書く必要もないかと思ったが一応言っておくと、席はエコノミー)

オムツ交換、子供もトイレ、おしっこ漏れなどのアクシデントがある度にトレイに逃げ込む必要があった。
また、夜泣きの時は通路にうろうろする訳だが泣く子を抱いて通る度に寝てる人に迷惑がかかって嫌だった。

唯一の逃げ場所はトイレ付近のスペース。あと、後部の乗務員の休憩?場所のエリア。
ただし、後部は少し明るいので乳児が起きてしまうのであまりお勧めできない。

荷物の注意

預ける荷物は重量制限とサイズ制限があります。
今回利用した、アメリカン航空とJALはともに23kg制限。
航空会社、行先で変わるのでHPなどで事前にしらべておくと良いでしょう。
https://www.aa.com.br/i18n/travelInformation/baggage/checked-baggage.jsp
JALの荷物制限

乗り継ぎの時の注意

手荷物は国際線と国内線で制限のサイズが異なる場合があります。

ここが参考になると思います。
JALでの制限
機体によって制限があるようです。

次にいよいよ搭乗







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください