【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 出国

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

準備の段階で疲労

いよいよ出国となるのだが、18:40 成田発 だがもう朝から大忙し。
前日にまとめれるものはまとめて、朝に使ったものを次々にトランクに入れていく。

3歳児は立派な大人料金が取られるが、荷物は持てないので荷物無しでいく。

行きは税関やら入国があるので持つ荷物を少なく。帰りは入国まで荷物を持つ事はないので、
大きいスーツケースの中に小さいスーツケースをいれて、行きはスーツケースを2個。

帰りはスーツケース3個にする作戦にした。

手荷物はさらに大変で、パスポート、オムツ、交換用の服、アレルギー緊急薬は夫婦二人に分ける。
パスポートとクレジットカードはコピーを嫁さんに持たせてリスク分散。

などなどしていたら、手荷物がいっぱいに。

手荷物にあってよかったもの

  • 抱っこ紐
  • 動画の入ったスマホ
  • 液体ミルク
  • 哺乳瓶
  • オフラインで使える電子辞書

もっていけばよかったもの

  • 子供の耳に入るイヤホン
  • 航空会社支給のものは大きくて入らないかった。
    後で記事にも書くが回避方法がない訳でもない

  • 替えのズボン
  • 2個じゃ足りなかった。2回もお漏らししたのか!!

最後にと、嫁さんのお父さんが寿司を買ってきてくれてそれを昼食に。
とにかくバタバタしてて、ホームアローンのように子供を忘れてきそうになりました。

アメリカン航空の座席神対応

チェックインをすると、アメリカン航空の受付の方が
「なるべく隣の席を空けるようにしておきます」との配慮が。
実をいうと、席は嫁さんと私の間に通路がある。

ABC 通路 DEFG 通路 HIJ

の配列で、Gが嫁。HIが私と上の子。
FとJの人は可哀想だと思っていたが、どちらかをなるべく開けて0歳児が寝れるスペースを作ってくれるとのこと。

出国前に運動させ、飛行機で寝かせる

いよいよ出国。成田空港にはキッズエリアがあったのでここで十分遊ばせておく。
小さい滑り台や大きいブロックなどもある。大きい子と小さい子用でエリアが分かれているので安心。

けど、面白そうだと大きい子でも小さい子のエリアに入ってきちゃうけどね。

キッズスペースを眺めるように座れる椅子もあるが、そんなところに悠長に座ってる親なんて皆無でした。

子供用のトイレまであるなんてすばらしい
授乳室もちゃんとあるので安心
滑り台もある

水は空にして、乗る前に補充すべし

あと、授乳してる方は水が大量に必要ですが自動販売機のお水が多少高めに設定されてます。
水筒をお持ちの方は、持ち物検査の時は空にして、持ち物検査後に水筒に水を入れるといいと思います。

とにかく移動に荷物の抱っこに色々体力を使います。

いよいよ搭乗へ

そして、搭乗時間の少し前に搭乗口にいると乳児連れは優先してくれるようで、優先的飛行機に入れた。

ありがとうアメリカン航空。

そして、何名か乳児・幼児連れの方もいた。
彼らはこれから長い戦闘を行う同志たち。
無邪気な子供の表情と打って変わって、熱い闘志に燃えていた。

乗ってしまえば、泣こうが喚こうが到着するまで止まることはできない。

さぁ、着いてしまえば後は笑って思い出す日しかこないのさ。

空港での教訓

  • ファーストクラスより優先させてくれる可能性があるので早めに搭乗口に並ぶ
  • 水を買いたく場合は、持ち物検査後に水を水筒にいれる
  • キッズスペースの場所を確認してなるべく遊ばせる

いよいよ離陸







「【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 出国」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください