【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 初の飛行機離陸

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました

興奮 機内へ入る

3歳の子は初めての飛行機で興奮していた。
一方0歳の子は、何もわかってなかったが今日は良く景色が変わるなと不思議そうな顔をしてた。

とにかく機嫌だけは悪くしないでくれと願うばかり。

機内に優先的に入ったので荷物の整理も準備もゆっくりできて非常に快適だったが隣にどんな人がくるのかびくびくしていた。
子供嫌いだったらどうしようとか。
そして、なによりも飛行機の中での待ち時間が長い。

離陸時も飴と授乳で対応

離陸時に0歳の子を授乳させて寝かせる作戦だったが、優先的に入ったのでなかなか準備が終わらない。

そして、いよいよ飛行機が動きだす。

しかし、なかなか滑走路には到着しない。3歳の子はまだかまだかと待っている。
そうこうするうちに0歳の子がぐずり始めそう。

エンジンの音が変わったと思ったら嫁さんは授乳を始めていた。

しかし、この後10分ぐらいは離陸をしなかった。結局飛行機が動きだして20分は離陸しなかった。

その10分の間に授乳を終えてしまった。

嫁さんは軽くパニックだったが
「離陸は平気。着陸に時はちゃんと授乳できてれば」と落ち着かせた。
0歳の子は寝ていたので安心した。

私の方も離陸の開始と勘違いして飴を早めにあげてしまった。
結局離陸までに飴2本を消化。

いつもは甘いものは控えめにしてるが今日はそうは言ってられない。

授乳ケープを使って授乳させる

機内サービスでジュース多すぎ

旅行が決まってから、飛行機でジュースが飲める事を楽しみにしていた上の子。
いよいよ、乗務員さんが機内サービスにやってくる。

リンゴジュースを頼むと
!!!!多い。子供の飲む量じゃない!
その後2回目のサービスのときは、ジュース半分でと頼んだ。
しかし、氷をどうするか聞かれて不要といったら、やっぱり多くきた。

嫁さんは授乳があるからと、乗務員さんが気をきかせてエビアンを大きいボトルでもらってました。
アメリカン航空気が利きますね。

離陸時の教訓

  • エンジンの本気の轟音がなるまでは待つ
  • 赤ちゃんは寝ちゃえば離陸時に起きたりしないかった

機内サービスの教訓

  • ジュースは1/3か、氷入りで半分にしてもらう

いよいよ飛行機で夕食です







「【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 初の飛行機離陸」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください