【アメリカ新婚旅行】 7日目 part2 グランドキャニオンで息切れ

グランドキャニオンに入ってまず思った事は車が多い。

そして、どのポイントにも人が多すぎる。
車もなぜか、白いマスタングのオープンが多い。これは、まさに我々が旅の最初に借りた車と同じ。
おそらく、みなラスベガスからレンタルだと思われる。

ラスベガスからグランドキャニオンまでと割り切れば、オープンカーは凄く魅力的な選択だ。
おそらく、みな同じ考えなんだろう。

見る場所は沢山あるが、何しろ人が多くて駐車スペース待ちなどもあるのでかなりはしょった。

見どころはひたすら渓谷。深い渓谷。今までは、広大な景色を一人占めしてたのに今度は大勢と共有という形なので、
かなり残念な感じがした。ワガママな話だが

最初のポイント
最初のポイント
私のカメラ
私のカメラ

とにかく、今まで人里離れた場所で、大自然満喫してたのでラスベガス経由の酒、たばこ、化粧の臭い、さらに栄養失調が重なり、特に妻はぐったり。
今写真を見直すと、妻の疲れ具合が出ている。

妻の写真が同じようなものばかりになってきた。
妻の写真が同じようなものばかりになってきた。
つに、路傍の花に興味が
つに、路傍の花に興味が
私の写真。ここも空と大地が美しい
私の写真。ここも空と大地が美しい
ぐっと一回り写真をとる
ぐっと一回り写真をとる
パノラマ機能がないからね。
パノラマ機能がないからね。
枯れ木も撮る
枯れ木も撮る

と、同じような景色を撮り続けるのだが途中に面白いのがあった。
どうやらここにも、先住民の住居後があって丁重?に保存してあった。
しかし、やる気のない発掘と再現なのでカメラに収めなかった。

私のカメラ。人がいないポイントはどこも同じような景色になっている
私のカメラ。人がいないポイントはどこも同じような景色になっている
それとも、スケールが多き過ぎて、どこも同じようになっているのか。
それとも、スケールが多き過ぎて、どこも同じようになっているのか。
おお!!!
おお!!!
かっちょえー。トライク+牽引。こういう図が欲しかった。あれ。
かっちょえー。トライク+牽引。こういう図が欲しかった。あれ。

とまぁ、こんな感じでグランドキャニオンは続いていくのです。

グランドキャニオンへの道

WE LOVE グランドキャニオン

2013年のアメリカ旅行記事一覧







「【アメリカ新婚旅行】 7日目 part2 グランドキャニオンで息切れ」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください