【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 乗り継ぎ前に離乳食




乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

乗り継ぎ時は荷物を預ける

入国審査を終えて出口に向かうとベルトコンベアがある所に、おっちゃんが(とは限らないが)いてtransfer の人は荷物を預けてという案内がある。

ここで預けないとどうなるか私は知らない。
とにかく預け忘れないようにする。

国内線のターミナルがわからない

日本時間の早朝で、子供たちも寝不足だ。

親は20分寝たか寝てないか。

背中に8kgの荷物を背負い、前には不機嫌な14kgの子供をおんぶする。

さらに、入国審査を終えて出た時は少し道に迷っていた。
ロサンゼルス空港は場合によると、ターミナル間をバスで移動したり一回持ち物検査を受けてから間違いに気づいて別のターミナルに移動したりするのが大変だったような気がする。

場合によると、再度持ち物検査を受けないといけない。

空港にあるフライト情報の画面を見ても、4時間先のフライトの情報まで載っていない。

空港で0歳児の食事

下の0歳児もぐずり始めてきた。
正しいターミナルがわかるまで離乳食を上げることにした。

場所はチケットカウンター前のスペース。椅子じゃないがみんな勝手に座っているようなところで食事開始。

どんな場所でも紳士で食事

エプロンをかける。

通常は、口の周りにワセリンを塗るが、ワセリンを機内に忘れてきてしまった。

飛行機でもらった離乳食を上げる。
乗り継ぎは5時間も余裕があったので、全然余裕だ。

しかし、寝不足なのかみんな機嫌が悪い。早く目的の乗り継ぎのターミナルに着きたい。

機内でもらった離乳食も荷物検査対策

機内でもらった瓶詰の離乳食も液体状なので、ジップロックにいれて保管する。

ただ、無料だからと欲をかいて沢山もらったが結構重い。

フリーWi-Fi を使う

ロサンゼルス空港では、フリーのWi-Fiが飛んでいたので利用した。
これで、ロサンゼルス空港の地図、次のフライトの情報を検索した。

まず、ロサンゼルス空港の地図は
「lax map」などで検索して以下を出した。

ロサンゼルス空港の地図
の Airline Locations By Terminal をみた。

次のターミナルとゲートはそのまま google で便名を検索すると出てくる

例えば我々が使ったJL7586などと打つと出発地とそのターミナルとゲート。

Googleで便名を検索するだけで詳細がみれる

目的地のターミナルとゲートが出てくる

昔はこんなのなかったから人に聞いてやっていたな。
拙い英語で聞いて、嫌がられる時。
丁寧に説明されて感動した時。
そういう瞬間がなくなった。

関係ないけど、英語上達する人って恥ずかしいか感じないでどんどんコミュニケーションを取るタイプの人だった気がする。

インターネットなんて賢くなった気がするだけのツールじゃないか。

教訓

  • 乗り継ぎの時間は余裕を持ってチケット購入
  • 着いたらWi-Fiがつながるかどうかチェック
  • 過ぎてしまえば楽しい思い出

次はターミナルに入る前に荷物検査を受ける







「【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 乗り継ぎ前に離乳食」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください