【アメリカ新婚旅行】 準備編 その5 (大失態) 座席の確保

飛行機の座席

飛行機の座席は、チェックインの時に決まる。 というのは、何年も前の話で今はオンラインで取るらしい。
そのことを、出発1週間前に判明して大慌て。
HISだと、MyPage にログインして、 my trip+ という所で確保できる。
航空会社によるらしいが、今回の Delta は出来たのだが。

座席がない

my trip+ を見て愕然とした。 席がど真ん中しかない。 窓際の2人席は 上級マイレージ資格会員等の人しか無理の模様。
そういえば、10年以上前に作った Delta 航空のマイレージカードがあったような気がする。

Skymilesの怪

10年以上いや、20年前に作られた Skymiles カード。色あせていたが Skymiles login で検索してアカウントにログインできるか確かめてみる。
ログインしようとするが、パスワードとかもう覚えているわけない。 よくあるような「忘れた方」というリンクからパスワードを取得してみる。
住所。 日本の住所を英語にした場合、 xxx-shi とか、 xxxshi とかいろいろ表現があるから微妙だな。正規化してくれてるのかな。ちゃんと認証されるのか不安だったが入れてみる。
やっぱりダメ。そういえば作った時って引っ越す前の住所だと思い昔の住所を入れてみる。通った。20年前の情報でも行けた。凄い。

Skymilesのマイル

ログインできる喜びも束の間、肝心のマイルが0になってた。たしか、日本・アメリカ往復 ぐらいの区間をグレードアップする権利があるぐらい溜まっていたのに。
で、 Deleta のHPみると マイルの有効期限は無いってあるけど、無念。昔のはもう駄目みたい。

座席の確保

という訳で、直接 Delta に交渉。その前に、 HIS にも電話してるがその時「my trip+」で座席の確保が出来なければ航空会社が独自に確保している席があるのでチェックインの時に確かめるか、
直接聞いてみて下さい。との事。チェックインまで待てないので電話してみる。
すると、確かにチェックインの時に決まる席があるみたい。または、キャンセルが出ていて席が空いている場合があるみたい。そして、
「エコノミーコンフォートの席なら空いてますよ」との事。エコノミーコンフォートについて質問をする。どうやら、

  1. 足元が広い
  2. リクライニングが少し大きく出来る
  3. 値段が少し加算される

ようだった。インターネットで値段や席が確認できるとの事なので方法を教えてもらう。
Deltaのトップから、


ご旅行に際して
(右上のメニュー)

旅程

の順でリンクをすなわちここで、名前と 予約番号を入れる。予約番号は、HIS の E-ticket にある航空会社予約番号をいれる。
予約番号は、あくまでHISの予約番号。
同伴者がいても、ちゃんと表示されるので大丈夫。

my trip+ 同様航程別の座席が確保できるようになっている。
違いは 上級マイレージ資格会員等のみでのシートが選択できる。選択すると追加料金が表示される。
シアトルまでの一航路が一人約1万ぐらい。天に運を任せるぐらいなら、確実に取ったほうがいいのでエコノミーコンフォートを選択して指定の座席を選択。。
シアトルからラスベガスは一人1,500円の追加だったけど、ここはケチる。
後日同様に帰りの便もエコノミーコンフォートにして隣続きにした。

準備編 その4 レンタカーを借りる

準備編 その6 (そして大失態2) 座席の確保の失敗

2013年のアメリカ旅行記事一覧







「【アメリカ新婚旅行】 準備編 その5 (大失態) 座席の確保」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください