【アメリカ新婚旅行】 準備編 その6 (そして大失態2) 座席の確保の失敗

出発の前日に領収書の確認をしようとしたら値段がおかしい。
確か前回に隣続きになりたいがために往復の便で予約したエコにミーコンフォートの分が含まれていない。

DeletaのHPから旅程を選択してみると座席の確認ではなく、座席の指定となっている。
すぐさま、座席の指定を押すと前回取ったはずの席がとれてない。しかも、隣続きの席はエコノミーコンフォートはもう無くなっていた。

どうやらエコノミーコンフォートで席を取るには席を選択して「保存して終了」の後に、チェックアウトを押してクレジットカード情報の入力をして完了のようだ。
まだ、隣続きの席が残っている帰りの便については直ぐに予約した。もちろん、ちゃんとチェックアウトを押してクレジットでの清算を行った。

行きの便であるが、どんな理由があろうと隣続きの席は確保しなくてはならない。これは義務であった。
運がいいのか悪いのかオンラインチェックインが可能な時間は出発の24時間前。ちょうどあと3時間後。がんばれば起きてられる時間。
前の話だと、チェックインの時にオンラインで座席確保してなかった人用に席が用意されているとの話、この席を狙うしかない。

ここは何があろうと起きる事にした。
そして、その時間に目覚ましをかけて起きる事に成功した。眠気まなこをこすりながらなんとかパスポートの情報や滞在先を入力していざ座席の指定へ。

勝った。この勝負に勝った瞬間だった。席は隣続きの席が結構ある。選べる。お金も発生しない。完全な勝ち組だった。悠々と席を選ぶ。

確定しようとした瞬間「あれ?やっぱり」となって別の席を取り直す。迷っているとクリックした時に遅くなる瞬間があった。今、システムが止まったり
ネットワークが落ちると予約がとれない。迷う事をやめ隣続きならなんの疑いも持たず適当にとる事しした。

翌日、昼休みにちゃんと席がとれているか確認した。そして、予約可能な席を何気なく確認したら昨日の夜と空席の状態が一緒だった。焦る必要はなかったみただった。

後日、飛行機に乗ってわかるのだが思ったほど混んでいなかった。

準備編 その5 (大失態) 座席の確保

出国編

2013年のアメリカ旅行記事一覧







「【アメリカ新婚旅行】 準備編 その6 (そして大失態2) 座席の確保の失敗」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください