【アメリカ新婚旅行】 10日目 part5 帰りは二人バラバラ。飛行機はないし日本に帰れないんじゃいないかな。

飛行機、新妻、私がパスポート、財布とカメラを引き換えに失ったものは大きかった。

人生、いつどこに落とし穴があるかわからない。
上り坂もあれば、下りもある。そして、最後に「まさか」が残っている。

はたから見たら、魂の抜けた青白いアジアの好青年でモデルのようになっていたが、私には必ず帰って迎えにいくという約束がある。
見た目とは裏腹に魂は抜けて無かった。

まず、アメリカに住む姉に電話した。

しかし、姉の家からここまで10時間ぐらいの距離はある。
頼れないが、とにかく携帯の電源が無くなったら連絡が取れないので、姉に連絡してもしもの時ように状況を連絡した。

希望はある。実をいうとここから、Los angeles を経由し羽田に行く。

乗換に1時間30分ぐらいある。これは、Los angeles 空港での乗換が大変な事を知っていたので、予め余裕がある便を選んでおいたのだ。

Los angeles での乗換で、以前ターミナル間を移動させられ、また荷物チェックから開始して酷い目にあった記憶があった。

もし、Los angeles まで行ければなんとか帰れる。

まず、同じ航空会社で Los angeles 行きがあるゲートを探した。

そして、あった。1時間後の出発。
まだ、乗客はほとんどいなかったが、受付の人がいたので、状況を説明して頼みこんだ。

最初は困ったなぁという顔をしていたが、上司と色々やり取りしてくれ、最終的にはマネージャーの女性がやっきて、
彼女から
「なんとかしてあげるから待ってろ」と言われた。

ちなみに、席はもう無いらしい。ビジネスでも追加でもいくらでも払うと説明した。しかし、席がないから仕方がないと言われた。

とにかく、キャンセルがでるまで待つしかない。

だんだん、ゲートに人が増えてきた。

アジアの好青年モデルの男はまだ、青白い顔をして椅子に座って返事を待っていた。

マネージャの女性の方は忙しそうにキーボードを叩いていたり、電話をしていたりした。

そして、彼女から言われた

「席確保したよ!」


私は嬉しさのあまり、
「本当に本当にありがとうございます!」と何度も英語で言った。

ありがとう Delta 航空。 助かりました。

そして、チケットを受け取るとまたお礼を言った。

そして、もう今度は失敗しないとゲートの前でずっと待っていた。

一応姉にも電話して、チケット確保出来た事を伝えた。

あとは Los angeles の乗換だ。

新婚旅行で一人、全財産$10から、パスポート・財布を見事ゲット。残り15分。間に合うか、日本に帰れるのか。

バラバラになったうえに、1時間遅れて乗り継ぎはちゃんといくのか

2013年のアメリカ旅行記事一覧







「【アメリカ新婚旅行】 10日目 part5 帰りは二人バラバラ。飛行機はないし日本に帰れないんじゃいないかな。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください