日光白根山に行く 小便を阻止する鬼の大集団 (2014/9/24)

下りのザレ場が終わるとだんだん植物が植えてくる。
暫く下ると、だんだんと森に入ってくる。

面白い感じに、地面の石が大きくなってくる。砂から石、岩そして地面になる。

植生もまたかわってくる。

こんな植物をよく見る。
こんな植物をよく見る。
高い木はないが、そこそこ植物が生えている
高い木はないが、そこそこ植物が生えている
もう少し下山して、森の中でもしばらくこいつは自生していた
もう少し下山して、森の中でもしばらくこいつは自生していた

先ほどの集団は、追い抜き追い越されを繰り返す。
一人一人が余裕をあけて歩いている大集団。100mぐらいの長さの列だ。

一度追い越すと、どうぞ、どうぞの連続でみな止まってくれて先頭の前までいく。
で、写真を撮ったりしていいると、集団の一部に追い抜かれる。

また入ると、どうぞ、どうぞで先頭に行く。写真を撮ると抜かれる。
面倒なので、集団の真ん中でいいですというと、この集団中で止ったり動いたりを頻繁に繰り返す。
最初のころは100mぐらいの集団だったのが、下りに連れてベテラン組と、疲労組で1km か 2km ぐらいの列をなしている。

だんだん森の中へ入っていった
だんだん森の中へ入っていった
下山するにつれ、この面白い色をした植物が増えてきた
下山するにつれ、この面白い色をした植物が増えてきた
色がなんというかフリーザのようだ
色がなんというかフリーザのようだ
あれ?さっき高地でみた植物がまた出てきた(違う種類か)
あれ?さっき高地でみた植物がまた出てきた(違う種類か)
高地のように群生してないが、一つ一つがでかい
高地のように群生してないが、一つ一つがでかい

これは仕方ない、もう森の中で傾斜も軽いので、ダッシュで先頭を抜くことにした。なぜそんなに焦っているかというと、妻の小便をしたいからだ。

正確にいうと、妻はアイドルなんで小便をしたことがない。しかし、神前の山。精霊の山。ずっと汗を我慢していて。いや、妻の名誉のためにいおう。私が小便したかったのだ。

立小便をしたい。しかし、あの集団がいる限りできない。

なので、あの集団をダッシュで抜いて小便。いざ、チャックをあけるとやってくる。あの集団の先頭。っていうか、なんで先頭はダッシュで下っているんだ。うちらと変わらないだろうが。

というわけで、かなり長い間小便ができなかった。

帰りはそのせいもあって、どんどん下山組を追い抜いていった。ロープウェイの駅には予定の時間より早くつきそうだ。

謎の洞穴と、苔?
謎の洞穴と、苔?






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください