【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて hogle zoo (ホーゲル動物園)

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

急きょ決まった動物園

初日は疲れもあるだろうから、ゆっくりショッピングでもと考えいたが、元気がありそうだという事で急きょ動物園に行くことになりました。

場所は、hogle zoo。日本語で言うとホーゲル動物園。

ダウンタウンの東側にあります。

休日で駐車場はいっぱい

天気も良く、休日とあって動物園前の駐車場はいっぱい。
駐車場は動物園の前の道を挟んで向かい側にも沢山あってそちら側に駐車。

その駐車したところの近くには、This Is The Place Heritage Park(ジス・イス・ザ・プレイス・ヘリテイジ・パーク)がありますが、そこには後日行く。

ホーゲル動物園の入り口で早速遊ぶ

電車に乗る

入って最初に水にぬれた地球儀がある。
この時点で、上の3歳児はびしょびしょ。先が思いやられる。

この球の上から水がでてて、行きなりびしょびしょ

電車のチケットを買い、電車に乗り込む。

電車に乗って動物を見るよりも、みんながいることが楽しくてはしゃいでいる

動物よりも、従兄に会えたことが嬉しくたまらない上の子は電車の中でも終始騒いでいた。

日本でもアメリカでも変わらない光景。
3000円ショップでも買えるから動物みようよ

ワゴンを借りる

事前に母が友人から、ストローラーを用意しておいてくれていたのだが、大人4人、子供5人+乳児で来たので車に荷物を載せるスペースがなかった。

動物園でストローラーを借りる事にしたが、動物園内のレンタルショップに行くとストローラーとワゴンが置いてあり、どうしてもワゴンを乗りたいとワゴンを借りた。

日本だとあまり見かけないが、アメリカだとこのワゴンを持参してくる家族が多かった。

$7で借りれます。バーとタイヤは同期するのでカーブも曲がれます。

動物園でも多数見かけており、ワゴンに乗りたかったようだった。

結局早く押せだの、急カーブ曲がれだの、危険な遊びしかしなくて動物はどうなっただ。

こんな感じで押されると危険。
強く引っ張るとウィリーして子供は大はしゃぎでした

海洋ゴミ

海洋ゴミに関する展示があって、姉と姉の一番上の子は興味ありそうだったが、下の子たちが大暴れでそれどこではなかった。

ちなみに、英語で ocean pollution。

ユタ州よりも、日本の方が切実な問題だと思っているんだけど、いまいち日本だと問題視されてない気がするのは私だけでしょうか。
というか、もう今更と感じで無感覚になっているだけのかもしれません。

税金使ってもいいから、もう少し草の根的な宣伝活動が必要だと感じているのですがね。

やっと動物を見る

我が家の上の子は、象が好きで唯一ゆっくりみたのが象でした。

それ以外のライオンやチンパンジーなどはふーんと言った感じでスルーしていました。

最後は結局公園的なところで遊んでおしまい。

こんな感じの遊具で遊んでおしまい。

お昼を食べたいが、アレルギーが

お昼を食べて帰りたいが、ここで問題になるのがアレルギー。

ただ、姉の方はそんなに心配してなく
「言えば、除去食にしてくれる」ぐらいの認識。

本当なのか、それともアレルギーの怖さをしらないのか。

ただ、姉の一番上の子も7大アレルギーではないがアレルギーがあるはずなので怖さをしってるはず。

In-N-Out Burger に行く

動物園を出る前に、みんなの食べたいものと、アレルギー対応を色々話あっていたら、In-N-Out Burger に行くことにした。

とにかく美味しいのと、細かいオーダーまで対応してくれるとの話。

メニューは非常にシンプル
In-N-Out Burgerのメニュー
ハンバーガーは

  • Double-Double
  • CheeseBurger
  • Hamburger

の三種類。ただ、色々カスタムできる。
例えば、糖質制限している場合はバンズをレタスにしたりできる。

なので、チーズはもちろんダメなので、Hamburger で 乳製品なし(Dairy free)とオーダーすれば良い。

In-N-Out Burger でオーダー

実際にオーダーしてみると、乳製品除去(Dairy free)も指定できて、
かつ店員さんから「ドレッシングに卵が入ってるけど卵は大丈夫?」と聞かれた。

Dairy って乳製品の意味だけどスーパーとかだと、牛乳と卵なども含めて Dairy と呼んでいるのでこのような指摘を受けたのだと思う。
それにしても、丁寧な対応だと思う。

14時ごろだったが渋滞。スピーカーでの注文ではなくお兄さんが外で注文を聞いてくれた。

メニューはこれだけ。超シンプル。
しかも、安い。そして、値段とカロリー表示がほぼ同列

正直美味しい。

大人4人、子供4人なので、かなりの量のオーダー。
姉曰く、「中身を間違える事が結構あるのでオーダー後は必ずチェック」とのこと。

紙が半分になっていて、直ぐに食べれるようになっている

ポテトフライ(フレンチフライ)も美味しかった。
お好みでとばかりに、塩が付属してきたけど初めから結構塩が強めに効いてるので、追加の塩は不要。(この辺は店舗によって違うかも)

ポテトはもちろん乳製品入ってません。

次は食料品店で買い物をしてみます。

【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて 機内食

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

座席を空けてくれたアメリカン航空

アメリカン航空が我々の座席の両隣を空けてくれた。
ありがとう。

チェックインの時に乳児用に席を空けておくようにしますと受付で言われたのだが
どうやらかなりの席を取ってくれた。

ABC 通路 DEFG 通路 HIJ

という席の並びのうち G HI が我々の席だが、
DEFG 通路 HIJ
の席全てが空席のまま離陸した。

そこで、Fの席は0歳児用に。私は上の3歳はHIJを使わせてもらった。

後ほど、Dの席には人が来た(おそらく狭いとかの理由で移動してきた方)。

アレルギー対応の機内食を食べる

いよいよ機内食。上の3歳はアレルギーがあるのでここで間違うと大変な事になる。
どうやら、アレルギーやハラルなど特別食については通常よりも早く配膳されるようだ。

一応離陸前に、日本語が喋れる乗務員さんから「特別食注文の方ですよね」と確認はあった。

なので安心していた。

ついに乳製品アレルギー持ちの上の子の食事が配膳された。

ミールの上にアルミニウムの蓋がある。そしてそのうえにシールが貼られている。

乗務員さんが、そのシールを指さして確認している。
。。。あれ。
『Dairy free』とか書かれているのならいいのだが知らない単語が書かれている。

う~ん、一抹の不安はあるが、これじゃないと言ったら食事はない訳だと思い、自分の勉強不足を悔いて一応もらっておいた。

『Non-Lactose』と書かれていた。

恐る恐る、蓋をあけて細心の注意で料理の匂いや、食材を確認する。
チーズ、バター、などは使ってる形跡はない。

Non-Lactose

ネットワークが遅くて使いものにならなかったので、電子辞書で検索した。
(どうやら接続方法が悪かっただけかもしれない)

Lactose は乳糖の意味だった。

乳糖は平気なんだよな。牛乳のたんぱく質に反応しちゃうんだよな。
けど、Dairy free も Non-Lactose も乳製品を使ってないという意味で業者が使っていたのかな。

とにかく注意深く食材と料理を観察して乳製品を使いそうな料理か。また、乳製品の匂いがしないか再度チェックした。

アレルギーに反応すると、最初10分から15分ぐらいで目がかゆくなる。

次に20分から30分ぐらいで皮膚症状。目にこない時もある。

それ以上ひどくなると咳をしたり、呼吸が荒くなったりする。

なので、時間をかけてゆっくり食事をあげることにした。

皮膚に触れても危険なので、ゆっくり食事をあげた。

食事はほとんど食べたがアレルギー反応はでなかった。

アメリカン航空の機内食の説明
をみると、Non-lactose の説明が

Does not contain cheese, dairy products and their derivatives, lactose or milk products
乳製品を除いたものは、すべて Non-lactose と表記されるのね。ああ、良かった。

アレルギー機内食の教訓

  • 電子辞書のようにオフラインでも使える辞書を用意しておく
  • 単語帳やメモに、乳製品アレルギーある旨を書いた英文を用意したおく
  • 航空会社によって、乳製品フリーの表記が異なる

次は機内での過ごし方の様子