自動草刈機 水糸の検知

水糸の検知がカメラで認識できるか検証します。

ちなみに水糸とは以下のようなものです。

leveling string

概念実証(POC)の段階ですので、手頃な Raspberry Pi と、カメラモジュール でなるべく簡単に実証してみることにします。。

 

このPOCでは、以下の手順で調査する事にしました。

  1. 画像データを保存
  2. Photo Shop などで水糸の線のみを取り出す
  3. Open CV などのプログラム的に取り出す

まずは、Raspberry Pi とそのカメラモジュールで撮影した水糸を含む画像を保存します。

それを、Photo Shop でフィルタして見ました。すると、水糸の特徴のある色だけが取れる事確認出来ました。

次に Photo Shop で行なったことを Open CV でプログラム的に取り出せるか確認しましたがこれも出来ることを確認しました。

 
pythonでのサンプルソース

画像データから水糸の紐の情報だけを取り出すことが出来たので次の段階にいくことにしました。

 
 
次へ続く
 
一つ戻る