月別アーカイブ: 2014年10月

[登山] 高尾山 稲荷山コースから1号路で帰る 数時間のお気軽登山




9月某日。

山登りに行こうという事で、千葉県から遥々遠くは東京都の一番奥八王子にある高尾山にやってきた。

千葉方面から行くと、新宿で京王線に乗って高尾山口を目指すのが安い。

どうせ山頂にもお店はあるし、装備はそこまでちゃんとしなくてよいが、一応登山するのでそれなりの格好で。

ケーブルカーと、リフトがあるので、山頂には街中と同じような格好の人と登山の格好の人が入り乱れる。

東京都と言ってもここは山梨なので、お土産は信玄餅がいいだろう。

高尾山コース(PDF)
詳細な説明付き
登山口は3つあるが、一号路はコンクリートとアスファルト。

道中全て登りなので辛い、足が痛くなる、車は通る、つまらない。

お勧めは稲荷山コース。こちらは、山登りっぽコース。

入口は、高尾山駅を出て右に向かう。おそらく他の観光客についていけばよい。

しばらくすると、茶屋とケーブルカー乗り場がある。

ケーブルカー乗り場にトイレがある。ケーブルカー乗り場の方に行かず、まっすぐ行くと登りになるがそちらが一号路。

みんなが一号路行こうとするが、間違ってそのまま行くと一号路に行ってしまう。
必ずケーブルカー方面に行ってそこから登山口に入る。

入口からもう土の道と、木の階段である。

高尾山の登り
高尾山の登り

しばらく登ると、展望台が見えてくる。ここらへんで休憩するとよい。

高尾山 途中の展望
高尾山 途中の展望

高尾山 山の中の植物
高尾山 山の中の植物

そのまま歩いていると、最後に階段。

しかし、その手前辺りで分岐があってこれを左に行くと別の所に行くみたい。一丁平(Ichou Daira)に行く。(前を歩いていたおじさん情報)

山頂を目指すので、そのまま階段を上る。

この後、1号路(参道道コース)から、薬王院を経て帰る。

帰りは、コンクリートとアスファルトなので膝に来た。道もつまらないので、今度は4号路(吊り橋コース)を経て、ぐるっと回って6号路(びわ滝コース)で帰ろうかな。

下って最初のケーブルカー乗り場の所についた。ここは蕎麦が美味しいらしくて何店舗かあったが、そこまでお腹空いて無かったので信玄餅買って帰った

【アメリカ新婚旅行】 10日目 part7 バラバラになったが、最後は無事に日本に到着。旅は終わった。




羽田行きのゲートは、近くにあった。同じ通路上にあったので歩いて5分ぐらい。

そして、ゲートにつくと早速搭乗の準備に入っていた。

最後のアメリカの余韻に浸ることなく、人々の列に並び搭乗となった。

そして、無事に日本に着いた。

10日間の旅が終わった。

日本に帰って、旅の写真を見せるとみんな飽き飽きして、どちらかという人物が写っている写真の方が喜ばれる。

これはわかる。
なぜかというと、やっぱり写真じゃ全然伝えきれない。
景色、そこまで行く道程、気温、湿度、雰囲気、匂い。

そういうのが、全然伝わらない。

しかし、一度行くと他の人が撮った写真でも感動できる。

広告や写真で、私たちが旅した場所と同じ所を見ると、その時の感動が徐々に顕われてくる。

なので、出来れば現地に言って見た方がいい。

さらに欲を言えば、自分で調べて、工程を考えて行った方が感動は大きい。
折角高いお金払うなら、存分に楽しんだほういい。

そういう時にこのブログが役にたててくれたらと思います。