ドコモ口座の不正に見る、旧日本軍との共通点

セブンペイの不正利用に続いて、今度はドコモ、金融・決済システムの不正悪用が続きく日本のシステムに不安を覚える人も多いと思います。

事件の詳細を知れば、なぜこんな幼稚で単純な不備が防げないのか、不思議だと思います。

システム開発の現場は一体どういうものなのか説明したいと思います。

まず、サービスが立ち上がるずっと前、そう企画時の段階です。

ここでは社内の優秀な方と、時には外部の優秀な方が集まり新サービスの構想、実現性を話し合ってます。

ここの段階で、不正利用、セキュリティなどの心配な部分については十分議論されてます。

しかし、ここで決定されたことは以降絶対後戻りしないのです。

これ以降の段階で問題点があって指摘をしても
「話を振り返すな!」
「偉い人が決めたことだから考えるな!」
「頭のいい人が決めたんだから間違いな」
と言う圧力があります。

A:「xxxxってやると、こう言う不正ができてしまいますよ」
担当者:「xxxつて対策してあるから」
A:「いや、その対策もこうするとダメですよ」
担当者:「そんなことまで誰もしないよ。xxx(偉い人)さんも承認してるから大丈夫だよ。」

こんな感じのやりとりになるのです。

ちなみに、もし問題が起きた時にそのxxx(偉い人)に聞くと
「なんで、そんな大事なことを俺にまでエスカレーションしないんだよ。話が出たらすぐに俺に報告しろ」
と返されます。

そして、以降設計、製造、テストの段階で問題に気付いても誰も相手にしません。

たまに外国の方が空気がわからずに指摘します。しかし可哀想に、日本的なやり方を説明しても本人は納得できずにずっと不満そうな顔して仕方なく付き合います。

簡単に言うと計画(企画)の段階で決めたことは絶対で、それ以降の段階の意見は絶対聞かない、振り返らないのです。

そう、なんだか知ってるような話ですね。

兵隊は優秀でも、指揮官が悪かったインパール作戦そのものです。

現場にいる人間がいくら訴えたも計画を絶対変えずにそのまま実行する。

下からの話は全然聞かずに、全ての責任を下になすりつける。

その結果はご存知の通りです。

実際に、私も最初の頃は色々と意見を言ったのですが上は絶対計画を変えません。

そうしてるうちに段々感覚が麻痺してきて、言っても無駄だ。とりあえず言われた事だけを完遂しよう。となるのです。

プロジェクト、組織全体が麻痺してくるのです。

これが伝統、形式美。

疑うだけ無駄なんですよ。

ちゃんと上手く行くように上の人が考えてくれているので、考えるだけ無駄ですよ。

[子供] 指しゃぶりをやめさせる

子供の指しゃぶり。色々苦労したのでその苦労と効果的だった方法を書いておこうと思います。

内の子は、1歳ぐらいから指しゃぶりをはじめ4歳ぐらいまで。
色々対策したのでその対策方法と効果を報告したいと思います。

また、指しゃぶりのタイミングは、

  1. 眠い時
  2. 怒られた後

などに発生することがわかりました。

爪に苦い薬を塗る

爪に苦い薬を塗って、子供が指をしゃぶると苦いのでやめさせるという方法です。

子供によっては効果はてきめんらしいのですが、うちの子にはイマイチでした。

「指しゃぶりをしていると、爪が溶けて苦くなることがあるよ」と事前に伝えてメンタル面からも攻めていました。

そして、朝や夜寝た時にこっそり爪に塗っておくと、苦いことにびっくりしてしばらくは指しゃぶりをやめてくれました。

しかし、保育園にお迎えにいくとそこには指をしゃぶっている我が子が。

曰く、「苦いのに慣れた」とのことでした。

かむピタと、マヴァラ バイターストップの二つを試したました。

かむピタは日本製で安心なので最初こちらの製品を使っていたのですが、あまり効果がなかったので苦味が強烈との噂のマヴァラにしましたが、結局どちらもダメでした。

ちなみに、マヴィラの苦味はかなり強烈で間違って指につくと、汁物やラーメンとかうどんの汁に指が入っただけで料理が全て苦くなります。

その指を口に入れると、強烈な苦味が口全体を覆います。

小さいうちは苦味や酸味があまり感じないだったかもしれません。1歳から2歳ぐらいの時に試していたのでもう少し年齢が高かったら効果があったかもしれません。

ゆびたこ

ゆびたこという本があります。

ゆびたこという本

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/2083016.htmlから拝借してます。

こちらも、指しゃぶりに困っている親の中では有名な本です。

苦い薬とは違って、メンタルのに訴える方法です。

指しゃぶりをしていると、指にタコができてそのタコが話したりするというお話です。

こちらも読んだ後はしばらく恐怖で指しゃぶりをやめました。

そして、「指タコ」とか画像検索したものを見せて、さらに恐怖心を煽ったりしたのですが、1年ぐらいでまた指しゃぶりを再開してしまいました。

どうやら、「指タコ」なんてできない!と悟られてしまいました。

ムッキー

手袋 ムッキー などで検索してみて下さい。手袋にイボイボがついたものです。

指タコが発達するとどんどん増殖して、このようになるよと画像を見せるのです。

すると、あまりの恐怖で「もう指しゃぶりしない」と言います。

特にここのサイトの画像が秀逸

携帯で遠目に見ると最初は大人もびっくりします。

さぁ、ここまで来てどうでしょうか。

結果的にうちの子はやめてくれませんでした。

そしてやはり最終の決定版はこれでした。

爪に苦い薬を塗る

最初にこの苦い薬を試したのが1歳とか2歳の時。3歳,4歳ぐらいになると大分味覚が変わるようなので苦味も相当感じられるようになっているみたいでした。

この苦い薬で結局治りました。

そういえば、1歳ぐらいの時は平気で酢の物食べてたのに4歳ぐらいになると食べれるなくなってました。

苦味の比較的マイルドなかむピタで十分効きました。

しかし、指しゃぶりは結局のところはストレスとか甘えたいと言う心的な問題が行動として現れていると考えられるので、
こう言う物理的な作戦の他に精神的な方法、
例えば他の兄弟とは別に片方の親だけを独占させる日を作るとか、いつもかなえてない希望を叶える日を作るとかして、ストレスを軽減させながら色々の方法で試すのがいいと思いました。

子供の方もだんだんと甘えたいとかストレスに対する対処方法を学びつつ大人がサポートし、指しゃぶりをやめてもらう方向に進めればと思います。