【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて デリケート・アーチ到着

乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

最後のラストスパート

いよいよ頂上ですが、最後は少し狭い場所を歩きます。
結構往来が激しいので、落ちないように注意。

デリケートアーチまであと少しの所で、道がとても狭くなる。人の往来も激しいので注意

デリケート・アーチに到着前にちょっとしたアーチに出会えます。

デリケート・アーチ手前にあるアーチ。登ってのぞく体力は残ってなかった。

体力的な問題と、子供を背負っているのでここには登らずにスルー。

ゴール手前の景色です。登ってきたので綺麗な景色が見えます。

右側は岩の壁、左側は上の景色の狭い道を通り過ぎるとそこに突然、壮大なデリケート・アーチが登場するのです。

ついにデリケート・アーチに到着

ここまで、ほとんど見る事のないデリケート・アーチ。それは突然姿をあらわします。

この演出がまた憎い。

急に物陰から登場するかのように姿をあらわすので、それまで疲れなんか吹っ飛んでしまいます。

この道を進むとその先に

この道を進むと、いよいよデリケート・アーチが見えてくる。

突然姿をあらわす、デリケート・アーチ

デリケート・アーチは壮大で美しく、写真ではなく機会があれば是非実際に見て頂かないとこの感動は味わえないです。

とにかく、この感動は行ってみないと説明できないです。

みんなで記念撮影

お昼はやっぱりおむすび

頂上のデリケート・アーチに着いたのは、お昼過ぎ。ここで、ランチを頂くが日本人ならオニギリ。

今回は宿泊先にも、炊飯器を持参したので朝に作ったオニギリを頂く。

疲労と空腹の中食べるおにぎりは絶品。

これがまた美味しい。乾燥してるので汗をかいてる実感はないが、相当汗をかいてるようで、塩が体に染み渡る。

特に子供を背をってると、熱で背中に相当汗をかいてる。

デリケートアーチのパノラマ

背中に寝ていた子供達も、昼食とわかると起き始め昼食をはじめた。

デリケート・アーチには関心がないようだ。花より団子か。

と思ったが、3歳や0歳児にとって、この景色は別に驚くようなものではなく、逆に大人のように普段の景色が常識としてインプットされている人間が、この非日常的な景色を見ると感動する。

子供にとっては、あまり目にする事ないもの例えば電車や大きい車、目の前で見る飛行機も全く新しい物として見える。

見慣れてくるとそれが常識という普段になってくる。
なので、このデリケート・アーチもそういう新しい物として普通にインプットしてるだけで特に大きい感動はない。

しかし、大人はこんな景色は滅多に見ない、いわゆる非日常なのでとても感動する、ファンタジーのような世界に浸れる。

下山開始

デリケート・アーチの逆側の景色

頂上で英気を養ったらいよいよ下山。

上の三歳児も良く寝て元気が出てきたのか、いとこたちとはしゃいで下山し始めました。

このデリケート・アーチが今回の旅行のメイン。

アーチーズ国立公園。アクセス悪いですが、機会があったら是非是非行って下さい。

アーチーズ以外にも周辺に沢山魅力的な景勝地があります。

旅で人生なんて変わらない。少しリフレッシュするぐらいだと思ってる方。

人生が変わると言っても過言ではない旅ここにはあります。

[コロナ] 飲食店と保育園が通えなくなった子供達

新型コロナのCOVID-19の影響で、飲食店がピンチのようですが、保育園に通えなくなった小さい子供がいる家庭も大変です。

在宅で勤務しながら子供を見てる家庭は仕事を犠牲にするか子供を犠牲にするかの二つの選択を迫られています。

せめて、昼食は飲食店のデリバリーや持ち帰りが気軽に使えると助かります。

10万給付もありがたいですが、給付までの時間が少しかかってると思います。

そこで、10万円分の飲食店での利用券、とりあえずは領収書を保存しておいて後日各市町村レベルで精算できるような仕組みが私としては望ましいと考えます。

そうすれば地元の飲食店も救えますし、大変な家庭も少しは楽させてあげれると思います。