【アメリカ新婚旅行】 8日目 part3 セイントジョージ(St.George) で、肉だらけなファストフード

ウォルマートでの買い物を終えると、遂に最後の町そして、旅の終わりラスベガスへ向かう。

I-15 に乗り南下する。この道は2日目で通った道の方向違い。
もちろん、方向音痴の妻はそんな事は分かっていないと思う。
しかし、ここからあと2時間か3時間ぐらいはかかる。最後のユタ州の町で、通り道で一番大きい町のセイントジョージ(St.George)で一旦昼食を食べる事にした。

I-15から南下すると、特徴的な巨大な城壁のような岩が現れてきて、そこを過ぎると町になる。

道沿いから、目ぼしいファーストフード店があったら、次の出口で降りる事にした。
早速、Arby’s の看板を見つけたのでその次の出口で降りると、そこは2日目で降りた出口と同じ場所だった。

出口からしばらくいくと、先ほどみた Arby’s のある場所についた。どうやら、ショッピングモールの一角、一番道路沿いにある。

時間は、もうお昼の時間ではなく他の客もほとんどいない。

この旅で、唯一の不満を言えば食事だ。時間もなくいつもコンビニで済ませていた。なので、自ずと野菜が少なかった。
肉はもう十分。そんな感じだ。しかし、アメリカは肉の国。野菜の代わりはある。それは、コーラだ。
ピザを食べるとコーラが欲しくなる。そしたら、もうアメリカンに近づいてる証拠だ。
試しに、コストコのピザにコーラを合わせて欲しい。

肉にコーラ。脂にコーラ。コーラも、コカコーラ、ペプシ、ドクターペッパー、ルートビアーと色々あるので、是非アメリカきたら好みのコーラを見つけて、
野菜の代わりに取って欲しい。

なので、ここでもやっぱり肉をチョイス。

Arby’s は、ローストビーフを沢山挟んだバーガーが売りだ。野菜?さっき行った通りコーラがあるので野菜は不要だ。肉とパンとコーラ。

つぶれたパンズに、つぶれたローストビーフ。とても食べやすい形状
つぶれたパンズに、つぶれたローストビーフ。とても食べやすい形状

本当に肉しかないのか?こんな贅沢は許されるのか
本当に肉しかないのか?こんな贅沢は許されるのか
肉とマヨネーズ。どこまで行っても肉。
肉とマヨネーズ。どこまで行っても肉。

ポテトフライは、普通のフレンチフライか、カーリーフライがある。

絶品カーリーフライ(arby's curly fries)。絶妙なコゲ具合が本当に最高
絶品カーリーフライ(arby’s curly fries)。絶妙なコゲ具合が本当に最高

ポテトフライつける、タレもケチャップだけじゃない。3種類ぐらいある。

旨い。ジャガイモは野菜だよね。アメリカじゃお米も野菜だし。
旨い。ジャガイモは野菜だよね。アメリカじゃお米も野菜だし。

色々試せて、安くてこんな素晴らしい料理はない。

妻も大喜び。。。普段はお肉だ、脂身だ言っていたのに。

Arby’s の食事を終えると、飲みきれないほどの巨大なドリンクを持って車に乗り込む。
次はラスベガスの前に、Arby’s の手前で小規模なアウトレットのような商店の集まりのような場所があった。

そこで、kitchen という文字が見えた。妻はキッチン用品を見たいと言っていたので立ち寄ることにした。

都会には都会なりの楽しみ方がある。

結局何も買わずに、ウィンドウショッピングだけして出た。さて、ラスベガスに行く。

観光が終わり買い物モード またwall martへ

後少しでラスベガス。その前に、巨大なコンビニで少しさびしさを感じる

2013年のアメリカ旅行記事一覧







「【アメリカ新婚旅行】 8日目 part3 セイントジョージ(St.George) で、肉だらけなファストフード」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください