【アメリカ家族旅行 S.L.Cへ】0歳と3歳を連れて プライド デイ




乳幼児を連れて海外旅行をする方に情報提供の意味も含めて体験談を書いております。
特にアレルギーなどあると不安でしたので情報共有できたらと思います。
行く前は不安だらけでしたが帰ってきた今は大変良い思い出ができました。

謎の旗が沢山

ユタに着いて、しばらく虹色というかよくわからない国の国旗のような旗を見るようになった。

まれに日本でもどこの国のだ?という旗をみかけるがそれよりも色の種類が多い。

家の入口に掲げられていることが多い。星条旗が掲げられいるのはよく見るがこの旗はなんであろうか。

パレードの日

全くしりませんでした。この旗は、LGBT の旗のようです。

この旗を掲げている家は「私たちも応援します。」とか、「私たちも理解してます。」という意味のようです。

N国も同じように支払い拒否の旗でも作成したらどうですかね。徴収員も余計な手間が省けるんじゃないですか。

とにかく、ちょうどパレードの日に市街地にいったので街がお祭りムードです。

写真には写ってないですが、もっと派手な人とかいろんな人がいました。

旗も配っていたので是非欲しかったのですが駐車場がなく子供達のおなかも空いていたのでアイスクリーム屋を目指しました。

このレインボーフラッグがいろんな所に掲げられています。
プライドデーを応援している飲食店も多い。

先ほどは、ソルトレイクシティ―の市庁舎のほうでやってるイベントでしたが、州の議事堂のほうでもイベントをやっていました。

市庁舎の方は囲まれていて中がよく見えた無かったのですが、議事堂の方は議事堂の前の公園で音楽のイベントをやってました。

行ってみたかったですが、車内はアイス!アイス!状態でしたので素通りです。

ここで音楽流してイベントしてました。楽しそうでした。

市街地での移動を楽にする乗り物

車の横にいるお兄さんが乗ってる乗り物

これに乗りたい。

街中に放置されている。

作ってるのはセグウェイだった

使い方はわからないけど、QRコードが付いているのでアプリとQRコードで決済が完了して乗れるようになるのかな。

ただ、急な坂道が弱いみたいで州の議事堂を向かう坂道に沢山放置されていた。

日本にも欲しいな。けど、日本だと人が多いから危ないかもね。

路線バスがなくなってるエリアとかの移動とかに使えたら便利かも。法律が許してくれなそうだけどね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください